« 着ぐるみ怪獣の未来 | Main | ミサイルなんかへっちゃらさ! »

2004.03.29

実写マジンガー

ずーっと昔に大先輩の怪獣ファンの人が「実写版のマジンガーが有ったら凄いよね」と言ってるのを聞いて、なるほどなぁ、と思ったことがある。

長いこと永井豪先生の作品は実写化に恵まれてなくって、今度のキューティーハニーとかデビルマンとか、凄いものになってくれればいいなぁ、と思っている。

着ぐるみのマジンガーが着ぐるみの機械獣と、ミニチュアセットのビル街で、火薬バンバン爆発させながら戦ったらカッコイイだろうなぁ、とホントに思う。
流れ落ちるプールの水を跳ねながらパイルダーが合体するシーンなんかゾクゾクするだろうなぁ。
光子力研究所も科特隊基地のような大きなミニチュアが作られるのである。それを機械獣が壊しに来るんだから、絶対カッコイイ。
パイルダーの操縦席から戦ってる機械獣が見えるシーンは合成になるんだろうなぁ。
ブレストファイヤーを光学合成で見たいなぁ。

妄想的には兜甲児が石橋正次で、さやかさんが南沙織という配役だったりする。するとボスは浜田光夫か?ちょっと違うかも(^^;

あしゅら男爵とかゴーゴン大公とかピグマン子爵とか、敵は映像化するのに苦労しそうなのがいっぱい居るけど、あのまんまでやる方法も無い訳ではないと思う。

機械獣のデザインなんか面白いのがいっぱいいるので、着ぐるみ怪獣ファンとしては興味しんしんだ。

今造るとCGになってしまいそうだが、アレはやはり着ぐるみで造るべきだと思う。
着ぐるみのマジンガーと機械獣が殴りあうのはきっと凄い迫力だ。

きっと面白いぞ。きっと。

あ、アフロダイAとかどうなっちゃうのかちょっと不安かも。

|

« 着ぐるみ怪獣の未来 | Main | ミサイルなんかへっちゃらさ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 実写マジンガー:

« 着ぐるみ怪獣の未来 | Main | ミサイルなんかへっちゃらさ! »