« 東宝のタコ怪獣 | Main | ヘドロ怪獣に泣け! »

2004.03.14

地底怪獣出現せよ!

突如地面が盛り上がり、ごわごわごわっと土煙を上げて怪獣が現われる。
あるいはガラガラっと崖が崩れて、怪獣が踊り出してくる。
地面の中から怪獣が出現するというのは、実にかっこいい。

実際の生物で土の中にいるのは、モグラとかアリとかミミズとか。あとは昆虫の幼虫。
実際に何十メートルもあるような生物が、自在に地中を移動するのは無理があるように思える。
しかしそこがまた醍醐味なんであるよ。

モスラ対ゴジラ(VSではない)でゴジラが埋立地から現われてぶるぶるっと身震いするシーンが最高にかっこよい。
最初は尻尾がドドーンと現れるのよね。あそこがたまらないです。

地底怪獣といえばバラゴンである。
デザインも着ぐるみも、後に何度も改造して使いまわされるくらいかっこいい名怪獣なのであるが、地底から登場するシーンにいいのが無いのがちょっと意外。
冒頭の秋田油田のシーンで地中に光る角が見えるあたりはかっこいいけど。
怪獣総進撃でパリの凱旋門を崩して現われるシーンが、シチュエーション的にかっこいいのだが、アナウンサーも「地底怪獣が…」と言ってるのに、勢ぞろいのスチールなんかにもしっかりバラゴンは顔を出しているのに、出現するのがゴロザウルスだったりする。せっかくの見せ場なのに可哀相なバラゴン。

最近でかっこいい地底からの登場シーンはデューンのサンドワームか。
ごごごご、ごわごわ、ドドーンでかっこいいのである。

トレマーズの一作目がとても好きだがいかんせん、怪獣としてはちょっと身長が足りない。
レギオンとか平成ガメラとかトラゴジなんかも地面の下から現われたりしたけれど、それ程名シーンにはなってなかったですねぇ。

地底から出現するシーンをカッコ良く見せるにはどういうテクニックが必要なのであろうか?

まず伏線を張っておくべきだろう。
地底になにかが居る。それも常識では考えられないような物が地中を移動しているらしい。
謎の地殻変動で温泉が止まったとか、物凄く局地的な地震が度重なって起こっていてそれを時系列に沿って繋げると東京を目指しているとか、トンネル工事の落盤事故の生存者が巨大な動物の唸り声を聴いて光る目を見たとか。
そんなのが望ましい。

文久2年に坂之上の某という侍が地底に棲む怪物を調伏したという言い伝えがこのあたりに残っています。ところがこの間の地震であそこの造成地が地崩れをおこしまして。むやみに山の木を切り倒したりするからいかんのです。
なんてエピソードもいいかもしれない。

花崗岩というのは圧力が掛かると発光するらしい。この間の地割れでなにか光っていたのもきっとそれだろう。と思っていたらそのあたりに花崗岩の層なんか無かったり。

科学者にもなにか言っておいて欲しい。
「地底の研究はかなり進んでると思われているけれど、実をいうと大雑把な物なんだ。地底に何が埋まっているかなんて利用する時になって場当たり的に調べられてるに過ぎない。もしなにか我々の知らないような物が地底に潜んでいたとしてもそれは不思議なことじゃないね」なんて。

そうやって上手い具合に伏線を張っておくと嬉しい。

そうして期待を高めておいていよいよ登場だ。

まず揺れる。
物凄く揺れて人々が大慌てしなくちゃいけない。
「なんだって?地震?こっちは全然揺れてないぞ!」かなんか言って普通の地震じゃない事も印象付けておく。
サンドワームのいる所に雷が落ちるというのはいいアイデアだったなぁ。
なにか副次的な予兆を起こすのもいいかもしれない。
携帯が繋がらなくなるとか。地震雲が発生するとか。動物が騒ぎ出すとか。
「あ!見て!またあのオーロラが!」なんてのもいいかもしれない。
ともかく派手に大騒ぎしておいて欲しい。

そして土ぼこり。
ごーんと土の塊が盛り上がってざらざら崩れる。
ボシューッ、ボシューッと土煙が上がる。
怪獣が通ってきた辺りが陥没するのもいい。
そしてもうもうと土煙が上がっている中から怪獣の一部が見えるのだ。
尻尾とか触手とか光る角とか。
あるいはゴツゴツしてたくさん突起が突き出している背中とか。
もちろんお約束だがこのセリフは外せない。
「なんだ、アレは!」
ええ。絶対外せませんよ。
なので垣間見える怪獣の部分はなんだか解らない所でなくてはならない。
優れた怪獣のデザインというのは必ず身体のどこかにそういうなんだか解らない部分が無くてはならない。

そしていよいよ怪獣が吼える。
ライオンのような象のような鯨のような、良く響いて不思議で恐ろしげな声でなくてはならないだろう。
まだ姿は見えない。土ぼこりで。
声だけ響くのだ。
変な音が聞こえるとみんな黙り込むのが自然である。良く聞こうとして。
息を呑んで次に何が起こるのか待ち受ける。
緊張の一瞬!
そして土煙の中から地底怪獣が遂に全身を現すのである。
モスゴジみたいに盛大に身体に纏わり付いてる土くれを振り落として欲しい。
そしてもう一度吼える。
姿を現した地底怪獣をたっぷり色んなアングルで見せて欲しい。
女の子が悲鳴をあげてると更に盛り上がる。
これはとても重要。
女の子の悲鳴は本能に訴え掛ける危険のサインだからだ。

そうしてカッコ良く地底から登場したらその後5分間は大暴れして欲しいのである。
ここで見せられる能力は全て見せといて欲しい。
ミニチュアセットとか多いに力を入れて、盛大に盛り上げて欲しい。
じっくり大暴れを楽しんだ後で、怪獣は悠々と地底に帰って行くのだ。

その恐ろしさにこのあとの『地底怪獣対策会議』が盛り上がる事間違い無し!


あああ。
そういうかっこいい地底怪獣の出てくる怪獣映画が見たいよう。
見たいよう。見たいよう。
作ってくださいよう。メジャーな映画会社の方々。お願いします。

|

« 東宝のタコ怪獣 | Main | ヘドロ怪獣に泣け! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地底怪獣出現せよ!:

« 東宝のタコ怪獣 | Main | ヘドロ怪獣に泣け! »