« ここんとこ… | Main | 宵宮 »

2004.07.23

幽霊怖い

僕は幽霊は怖い。
でも、物理的に幽霊は存在しないと思う。
信じてないなら怖くないじゃん。と思われるかもしれない。
信じて無くても怖いものは怖いのだ。それに、物理的に存在しなくても、精神的には幽霊は存在すると思っている。
どういう事かと言うと…。

人間が死亡すると23グラムだか軽くなるという報告があるそうだ。
報告した人は、その23グラムが魂の重さである可能性があるという。
この報告は追証されたんだかどうだか定かでないが、ともかくまあ、その23グラムくらいの目には見えない希薄な質量が魂だとしよう。
もしそうなのだとすると、数々の幽霊目撃談の現実性が、かなり妖しくなってくる。
数々の目撃談では、幽霊は生者を認識して行動している。
そうでない場合もあるようだが、たいがいは何か仕掛けてきたり訴えたりして来る。
と、すると、幽霊には認識能力や知覚能力が有るという事になる。
果たして23グラムの希薄な物体に、物を認識する機能や知覚して反応したりする機能を持たせる事ができるだろうか?
もしできるとするならば、それはかなり便利な物ではなかろうか。
そんな便利な物があるのならば、なぜ、人間は進化の過程でそれを使わないで、脳などという重くてそれ自体非常に脆い器官を使って知覚を得ているのか。人間という生き物は脳が破損すると知覚も破損するのである。
幽霊が恨みや未練を訴えたり、生者を見つけて害を及ぼす為には、脳や神経束のような器官が必要である。
目に見えないほど希薄で、その上で知覚能力を持てるような仕組みは現在の地球上にも、長い進化の過程にも見つかっていない。
したがって物理的に怪談に出てくるような幽霊は存在しないといえる。
もし科学的にその辺のところが証明出来るならば、物理的な幽霊の存在を信じてもいい。
しかし、今の所幽霊が物理的に存在すると言うのは、荒唐無稽な話である。

じゃあ、精神的に存在するというのはどういう事か?
人間の知覚という物はすべて脳が処理している。
あなたが肌で触っていると感じる物も、耳で聞いていると思っている音も、眼球で見ていると思っている映像も、全て脳が処理する事によって初めて知覚される物事である。
実際にはそこに存在しない物でも、脳がそこにあると判断すれば、その人個人にとってそれは存在する物なのである。
脳が処理をしていれば、実際に存在しない物でも見たり聞いたり触ったりする事ができるのである。
多くの人はその事実が信じられない。どこから見ても現実であるようなリアルな幻覚が在ると言う事を信じられない。
だから心霊現象を不思議な現実の事件であると認識するのである。
脳が勝手にやっているのだから、骸骨が起き上がろうが人形が笑おうが、死んだ人が挨拶しようが、出たり消えたりしようが自由自在である。しかも脳がそれを現実だと判断しているのだからその人個人にとってそれは現実なのである。
そういう意味で精神的に幽霊は存在する。

じゃあ、精神的に存在するだけで、実際にいないなら幽霊は怖くないか、というと、けしてそうでは無い。
実際に存在しない物を有るように脳が処理しているという事は、その時点で、脳が異常な興奮状態に有るという事だ。バランスを欠いた状態であるといえる。
脳は人間の体機能を司っている重要な器官であるから、その脳がバランスを欠いた異常な興奮をしているとあれば、それは大変危険な状態であるといえる。
場合によっては死に到るかもしれない。
だから、幽霊を見たりしたら、それはその人にとってとても危険な状態であるといえるだろう。

したがって幽霊は怖いのである。たとえ物理的に存在しなくても。

さて。話は少しずれるが、それだけでは全ての心霊現象の説明にならない、という人が当然いるだろう。
そういう人たちは、たいていの場合、偶然という物は、何らかの因果関係によって起こっていると考えている筈である。
しかし、偶然という物はたいてい何の関連も無く気まぐれに起こる。
だから不思議なのである。
しかし人間の推理・連想能力という物はとてもよく発達していて、自分ではすごく頭が悪いと思っている人でも素晴らしい推理や連想を発揮する。
実際に関連の無い偶然を関連づけて行けば、当然、答えはある程度筋が通っている不思議な物になる筈である。
水が高い所から低い所へ流れるくらい自然な事だ。
なので、そういう事柄は、人間の精神が生み出した、素晴らしい物語の一部、と位置付けるべきだろうと思う。

あと、テレビやビデオや雑誌などで紹介される心霊映像であるが、それらには全て商売が絡んでいる。
インターネットに公開される物には、公開した人の思惑が少なからず絡んでいる。
そういう物を真実として受け取るのはどうかと思う。
娯楽としてなら成り立つと思うが。

世の中には幽霊が存在していた方が利益になる人種というのがいるのである。
でも、さっきも言ったように、幽霊を見続けていると危険ですよ。
早く忘れた方が身の為です。

|

« ここんとこ… | Main | 宵宮 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幽霊怖い:

« ここんとこ… | Main | 宵宮 »