« 宵宮 | Main | 中島らもさん »

2004.07.29

好みの映画

冬の時代に特撮ファンをしてきたせいなのか、地域柄で周りに特撮ファンがいなかったせいなのか、あるいは単にマニア気質なのか、みんなが喜んで見に行くようなのは駄目なんっすよ(^^;
高校卒業して東京に出ていって、初めて自分以外の特撮ファンに生で会うまで、そういうものはスターログとか宇宙船の読者欄にしか存在しないのだ、と思ってたっすね。
なので周りの普通の人に対して「君たちには判らんだろうが私はこれが好きなのだ」というのが、あっしの特撮映画に対するスタンスで、みんなが楽しめる特撮映画というものにはなんだか不信感が働いてしまうっすね。

捻じ曲がってるなぁ(^^;

なのでSWとかLOTRとか、たとえみんなが見に行っても「なんか凄いのは判るけどさぁ、長いしお尻痛くなっちゃうし、何とかして欲しいよね」なんていう、評価の映画には俄然愛着が湧いてしまったり。
プロデューサーの人とかが「長い間子供や一部のマニアに喜ばれてきましたが、今回は一般の人も楽しめる物を作ります」なんて言うと、みるみる期待感が萎えて来たり。

あっしの経験では、ウルトラマンに対する周りの評価は「怪獣ごっこ」だったし、仮面ライダーは「変身ごっこ」だったし、こっちも「いいよ別に。そう思ってなさいよ。それが面白いんだから」と思ってたりした。
だからそういう「子供っぽい作り方は排除して」人間愛や愛憎ドラマや、演じてる俳優人気で成り立っちゃったり、ファンが増えたりしてる傾向を見てると、こんなのウルトラマン(あるいは仮面ライダー)じゃないよ、とか思っちゃう。

商売的に成り立つという事実があってこそ、次々と新作が作られる幸福な状態になってる訳で、だから今の状態も認めなくちゃ駄目なんだ、と頭では考えるんだけど、次々と作られる新作がどれもこれもそういう狙いの物だと、やっぱり昔が良かったなぁ、なんて思ってしまう。

なんか「好きなおもちゃをいじめっ子に取られた」感が続いているというのが、最近の思いだったり。

捻じれ切ってます。

|

« 宵宮 | Main | 中島らもさん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 好みの映画:

« 宵宮 | Main | 中島らもさん »