« December 2004 | Main | March 2005 »

February 2005

2005.02.25

漫画描いた

serencm08
ウチのホームページでやっている魔法ウルトラ少女物『ルミネイターセレン』の漫画が完成したっすよ。
M78星雲にあるトワイル星は変わった能力を持つウルトラ族・ルミネイターが住んでいる星。そのルミネイターの少女・セレンはある日、新人の宇宙警備隊員ウルトラマンリューガンが気に入ってしまい、彼の後を追って地球へやって来る。最近の侵略宇宙人は光の国のウルトラ族のことを研究して来るので、宇宙警備隊は各惑星で苦戦を強いられていた。リューガンも地球に着任早々、ピンチの連続。セレンは二匹のカプセル怪獣・クバスとラクバス、そしてルミネイターだけが持っているルミネーションマジックの力で、大好きなリューガンの為に戦うのだった!…というお話。
で、ウチのHPでは、『セレン』が実際のテレビ番組だという想定で、3Dモデルを作ったりしてるわけっすね。
んで、今回は、テレビでやってたんならマンガも描かれてるだろ?という事で書いた訳っす。
2ヶ月ちょっと掛かりました。
最初はタブレットで線を引くのも大変だったけど、後半はなんとなく要領も掴めて来たり。一コマ毎とか諧調毎とかに無駄にレイヤーを分けていたのも、だんだんコツが飲み込めて来たり。色々発見があったんで次回書くときは生かせるんじゃないかと思うっすよ。
でもトーブン絵は描かなくていいや(^^;
始める前にネームを切らなかったんで書きながらセリフとかページ構成とか考えながらやったりして、お話的には薄くなってしまったり。最初8ページくらいのつもりだったのが、気がついてみたら15枚も書いてたり。
あんなに掛かったのに出来上がって読んでみるとあっという間で、出来上がりのいい加減さに『やっぱり漫画は大変だな』とか思いましたとさ(^^;てか、ちゃんとネームは切ろう!その方が効率的だ!
読むと粗ばっかり見えてくる漫画っすけど、お暇でしたら是非一度、ウチのHPにご来訪くださいませ(^^)
ナダランド

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.02.18

不幸?

どういう訳だか最近100円ライターの点きが悪い。
煙草を買う時に付いて来るので100円ライターはいっぱいあるんだがどれもこれも一発で点かない。最低5回はやらないと火が点かない。『フォールーム』のネタだったら指を落とされてる所である。
なんでだろう。指の力が無くなってんのか?火花は出るのに火が点かない。
部屋には本とか山積みになってるので、火の嫌いな妖精さんかなんかが邪魔してるのか?
ひょっとしてなんかの不運のサイクルが襲ってきてるのか?
そーいや毎日雪かきだし、GIMPは突然落ちるし、自分トコの掲示板に長文書き込んだらタイトル付け忘れで全部消えちゃうし、家族はオレに辛く当たるし、アクロX2はエルザとファントム買い逃すし、どのサンクスに行っても豚とろまんは売り切れてるし、車検に保険に所得税といっぺんに襲ってくるし…。

と、100円ライターの点きが悪いだけでドンドン自分が不幸に取り付かれているような妄想に!
いや~、スケールちっちゃいな(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.12

助けに来ないヒーロー

最近のヒーローは助けに来てくれないような気がする。
それというのも、見てる側からのツッコミを避ける為なのではないか?
ヒーローと言っても全能じゃないし、身体は一つなんだから、そうそう都合良く助けには来れないと言う事なのであろう。確かにその通り。しかしそれで子供が憧れるヒーローになりうるのか?対象を高学年にしてるからそれでも良いと言う事なのか?

最近の風潮として、カタルシスよりも心理ドラマ(っぽいもの)を重視する傾向が、特撮番組やアニメ番組で見られるようになって来ている。世の中にはままならない事やどうしようもない事が沢山有る、という姿勢の作り方である。確かにそうだ。だが、だからどうするのか、という辺りに突っ込んだ作り方があんまりされていないような気がする。突っ込んだ、と言うのは、それに対する作ってる側の考えがあまりにもありきたりなニヒリズムにぶっ倒れていると言う事である。
たいした考えも持っていないのに、ニヒリズムに酔って、「みんな社会が悪いんだー!」と叫んでいるだけなのは、たちの悪い絡み上戸の酔っ払いと同じではないか?あるいは子供に自分の愚痴を垂れている大人。どっちもヒーローと言う立場からは程遠い。

ヒーローと言うのは理想像の具現である。
誰かがピンチの時に都合良く通りかかって救出する、それは確かに都合の良い展開かもしれない。しかし、それも理想の姿ではないか?ヒーローならば悪の為される所に偶然通り掛るのは宿命みたいなもんではなかろうか?
現実の世界に理想像なんか出現し得ない、だからそんなものは書かないのだ、と言うのは、一種の逃避であると思える。現代社会にヒーローが居ないのは当然だ。造る方が理想像を否定する方向でやっているのに、かっこいいヒーローなんて現われる訳が無いのである。

立ち返ってみるべきだと思う。
呼べば現れるヒーローに。
君がピンチになった時に必ず助けに来てくれるヒーロ-に。

レインボーマンの程度の低い焼きなおしばっかりやっていても、けして新しいとは言えないのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | March 2005 »