« 装飾と機能形状 | Main | ミューティーA~その2 »

2005.07.15

ミューティA~その1

muthytes01
muthytes02
現在製作中のミューティアンA。
六角で作業中で、進行状況は60%くらい?か。
六角でもサブデビ(曲面化)を使って作業している。そのままCARRARAに移すと曲面に沿った細かいポリゴン分割のOBJファイルになる。
なのでこのモデルはすっごくポリゴンが細かい。
実際に色を塗ったり間接を仕込んだりする時は、六角上でサブデビを解除してOBJに落とし、CARRARAで掛け直す(スムース化)。
面倒なようだがそのほうが制御ポイントが少なく出来て扱いやすいのだ。
六角もCARRARAもサブデビの係り具合が一緒なので問題は無い。
注意点として、CARRARAのOBJファイルはポリゴンの辺が露出してる部分にアンスムースが掛かるらしいから(例えばシャツとか作ると袖口とかがカクカクになる)、必要ならカクカクしてる辺を選択してスムース化させる必要が有る。

さて(^O^;
女性ロボットといえばおっぱいミサイルであるが、ミューティはミサイルの替わりにミューティーゲイザーという武器が付いてます。
ギャロギャロとかの魔震龍にはハルコニウムで出来た武器でないと通用しないのであるが、ハルコニウムは宇宙的に希少な金属で、恐獣星団もハルコニウムを集めて回っている。どのくらい希少かというと、ある星系で1~2トン見つける為に岩石系の惑星を4~5個すり潰さなくてはならない。
恐獣星団は合成ハルコニウムを使っているが天然物には強度も光子発生量も遠く及ばない。ハルコニウムは光子を放射するのである。
そんなわけで魔震龍はほとんど無敵なのであるが、唯一つ、ゲイザーという放射線には弱いのである。
このゲイザーもチタンから放射されるチタンゲイザーとか、水素ゲイザーとかアルゴンゲイザーとか色々あるのだが(^^;、ハルコニウムから放射されるハルコンゲイザーが一番強力なんである。
ミューティーAは天台寺博士が、星辺(ほしのべ)博士のロボット設計図を参考にして作ったものなので、Fe-Mg(鉄ーマグネシウム化合物)ゲイザーを装備している。
出力が不安定なのでどこまで効果があるか判らないが、概知の地球兵器では唯一対抗できる武器なのだ!がんばれ昴ちゃん!(^^;という訳であるのだ。
もちろん「星辺博士のロボットが完成していれば…!」と、天台寺博士が呻くのである(^^;
ああ!早く登場させたい!
と、この辺にモチベーションを持ってきているのであった(^O^;

妄想っぽいので何の事だかさっぱりだ!(^O^;;

|

« 装飾と機能形状 | Main | ミューティーA~その2 »

Comments

はじめまして!
『弓さやか』で検索したらBBSが引っかかったので飛んできました。
いやー、ミューティAカッコイイです!
ロボットヒロイン&女性型ロボ好きの私にはたまりません。
今後の展開期待してます!

よろしければ私のBlogものぞいてみてくださいね。

Posted by: Taro | 2005.07.18 22:02

ようこそはじめまして(^^)
BBSから来て下さったって事は、HPも見て頂けてるって事で、重ねてお礼申し上げますm(__)m
ダイナミック系ロボも、SRWやマジンカイザーやマジンガーエンジェルなんかで最近人気が再燃してきてるっすねぇ。
Taroさんの所は本格的に女性型ロボットをしてるんですね。
ぜひとも頑張って下さい。

Posted by: なだあくろう | 2005.07.19 00:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ミューティA~その1:

» オリジナルロボットアニメ(?)「キューティーナイト」! [ロボットヒロイン大好き!]
Pic by 忍曲者さん@青色一号 以前から見ていただいた人は、うちのBlog画像に時々ステキなオリジナルのヒロインや女性ロボが混じっているのにお気づきだと思います。これはブックマークさせていただいている『青色一号』の忍曲者さんからいただいた「キューティー... [Read More]

Tracked on 2005.07.18 22:03

» [金属蔵]
鉄鉄(てつ)#原子番号 26の元素。元素記号は Fe。本項で解説する。鉄道の略称。(地下鉄など)鉄道ファンの呼称。同項目を参照。一般的に使われている鉄の合金、鉄鋼。鋼(はがね)を参照。----マンガン - 鉄 - コバルトFeルテニウム|Ru  周期表一般特性元素の一覧 (名前順...... [Read More]

Tracked on 2005.08.12 23:49

« 装飾と機能形状 | Main | ミューティーA~その2 »