« カラーラとHSPで3Dゲームその9 | Main | カラーラとHSPでゲームその11 »

2006.04.28

カラーラとHSPでゲームその10

そもそもプログラマーと言うのは問題を捉えるセンスとそれを解決する知識の裏づけが重要だったりするとかしないとか<どっちだよ!(^^;
どっちでも良いんだ。僕、どっちも持ってへんもん<うるさいよ(^O^;

BMPから高さデータを作る時にBMPの大きさが257*257。一方、ゲームフィールドの広さが1024*1024。高さデータを読み込む時に(ロボ子座標/フィールドの広さ)*257でデータを取り出しているんだが、このときbmpデータの同じ座標に対応するフィールドの座標が出来てしまう。つまり高さが階段状になっているのである。なので段を降りる時にロボ子が縦にガクガクするのである。

ではガクガクさせない為にはどうするか?
データを均せば良い。周りと比べて平均を取るのだ。
しかし待った!下手に均すと高さデータの値も変わって地形OBJの高さと合わなくなってしまう!
さっきの計算でやると両方のXY座標が一致するのは四隅の点だけになるので、近い座標で高さが解っている所から判別しなくちゃならないのは当然だが、どの点が近いのかどうやってコンピューターに教えるか?1024*1024個の点一つ一つに257*257個の点を調べさせるのか?それだけじゃ駄目だ。座標は坂の途中に無ければならないからだ。坂のどの位置にいるかで高さも変わってなくちゃいけない。坂と言うのはベクトルだ。点が三次元のどこにいるかは二本のベクトルか、一本のベクトルと大きさと角度が必要だ。
ううう、ベクトル計算やらなくちゃいけないのか(TT)高校の数学は点が悪かったんだよ(TT)全然覚えてないし(TT)

これはやり方間違ってるな。少なくともおいらの手に余る。
別の方法を取るべきだ。
例えば…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・。
・・・・・。
・・。

最初から1024*1024のデータを作るべきだ!257*257のデータから変換するんじゃなくって!
257*257のデータなんて実際は地形OBJデータを作る時しか必要ない訳だし、1024*1024を257*257に変換するのはすでに出回ってる立派なソフトを使ってやれば良い訳だし!・・・・・・。ん?
じゃ、257*257を1024*1024に変換するのも立派なソフトでやれば良いじゃん!ペイントソフトで!


問題を解決する時は、頭の中で色々悩んでても大概解決しないのである。<お前は、と言う限定付だろ!
文章でこうやって書くと不思議と良い考えが浮かぶのだ。<本当に良い考えかどうか保障はしません!
良い考えかどうかは確かめてみれば判る。
もしも良い考えでなくても、それならそれでまたここに書くネタが出来るってもんだし(^O^;

読み直してみたら、解決しようとする方向が間違ってるね(^^;

|

« カラーラとHSPで3Dゲームその9 | Main | カラーラとHSPでゲームその11 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カラーラとHSPでゲームその10:

« カラーラとHSPで3Dゲームその9 | Main | カラーラとHSPでゲームその11 »