« カラーラとHSPで3Dゲームその8 | Main | カラーラとHSPでゲームその10 »

2006.04.27

カラーラとHSPで3Dゲームその9

Gamen013


地形オブジェの実際の高さがどうなっていても高さのデータは0~255なので、データを縮めたり伸ばしたりの変換をしなくてはならない。この割合を設定する事でロボ子の高さとマップの高さが一致した。
ロボ子がXの端に来た時にずんずん昇って行ってしまう状態は、結局、移動範囲を高さデータのある範囲より小さくする事で無理やり解決した(^^;
ところがここでロボ子が移動してる時に縦にカクカクする問題がかなり手ごわかった(^^;いや、過去形で話してはいけない。手ごわいのだ!
これは本格的に移動ルーチンの見直しか(TT)
あるいは高さ移動する時は別ルーチンにするか。
そっちの方が楽そうだな。
しかしそうやって楽な方へ、楽な方へと向かってると後でしっぺ返しが起きそうだなぁ(^^;

ま、アレです。
水平移動(ただし4方向(^^;)だけなら何も問題ない訳だから、3Dすごろくゲームとかならもう作れるな<それはどうかな?

|

« カラーラとHSPで3Dゲームその8 | Main | カラーラとHSPでゲームその10 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カラーラとHSPで3Dゲームその9:

« カラーラとHSPで3Dゲームその8 | Main | カラーラとHSPでゲームその10 »