« カラーラとFSで3Dゲームその4 | Main | カラーラとFSで3Dゲームその6 »

2006.04.23

カラーラとFSで3Dゲームその5

Gamen008
Gamen009


ロボコ(プレイヤーキャラクター。仮名)にアニメーションを付けた。
メタセコイアでロボコのモデルに線形状のボーンを作っておき、ROKDEBONEと言うFS(フリーソフト)に読み込ませてボーンを適応させる。
このFSが優れ物で、この設定したボーンでアニメーション(ポーズ)を設定できる。そこからアニメモーションファイルを吐き出して、RDB2Xと言うFS(同じ作者の作品だ)で、アニメーション付きXファイルに変換できる。
作者は将来的にROKDEBONEで、アニメーションXファイルも出力できるようにして下ったら嬉しいなぁ。お願いしますm(__)m<直接お願いしろ!
で、これでアニメーションするロボコが出来たわけだ。これをHSPで組んだプログラムに組み込まなくちゃならない。
まず入力待ちのポーズだが、これは簡単。最初に読み込んだ時点で表示される。
問題は移動中の走りポーズだ。
カーソルキーの↑を押してる間、走るように設定したら、走りアニメの最初のフレームでポーズが固定されたまま移動してしまう。
*mainルーチンがループになっているので、ループされる度に走りアニメに切り替わるのが原因だ。
これはアニメを切り替えるobjact命令の3番目のパラメータを1にすると、前回のアニメが終了してから切り替わる様になるので解決する。
だが別の問題が発生した(^^;
走り出したり止まったりする時のアニメの切り替えのタイミングが遅れるのである。(待機ポーズのまま地面を滑って行ったり、その場で走り続けたりするのである)
これはどうしよう(^^;
思いつかない(^O^;
そのままにしとくか<おい!

|

« カラーラとFSで3Dゲームその4 | Main | カラーラとFSで3Dゲームその6 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カラーラとFSで3Dゲームその5:

« カラーラとFSで3Dゲームその4 | Main | カラーラとFSで3Dゲームその6 »