« カラーラとHSPでゲームその18 | Main | カラーラとHSPでゲームその20 »

2006.05.15

カラーラとHSPでゲームその19

地形データのXファイルをじっくり眺めてみた。
テキスト形式なのでメモ帳で開く事が出来る。
ネットでXファイルの中身に何が書かれているか書いてあるページが見つかったので、それを参考にする。
ふむむ。頂点数が4225か。てことは65*65のメッシュになってるって事だな。なるほど。だからBMPから生成した高さデータと合わない訳だ。
そうすると…。

まず考えたのがメッシュを1024*1024に細かくする事。んでもこれだときっと物凄く重くなる。試しにカラーラで500*500のメッシュを作ってみたがとても実用に耐えない。

HSPにテキストファイルを扱う命令群があるので、それを使ってXファイルの頂点座標を書き換えるか、とも考えた。
しかし頂点座標だけ書き換えると、後ろの方にある法線データと狂いが出てやばそうだ。法線データも書き換えられれば良いんだが、なるべくべクトルさんたちとはお近づきになりたくない(^^;<そんなんで3Dがやれるのか?

となると、Xファイルから各座標を読み取ってそれを高さデータに変換するのがまっとうそうだ。普通のプログラマさんならその方法でやるのかもしれないが、なんせほら。おいら、プログラマじゃないから(^^;Xファイルの座標データは小数点以下5桁以上の実数になっていて、X、Zの座標も小数になってない。一方、おいらのプログラムはXZ座標は整数なのでどうも収まりが悪い。

う~ん(^O^;
どうすっかな。

やっぱり高さデータの方を修正するしかないな。
1024*1024を一個一個修正するなんて基地外沙汰なので上手い方法を考えないといかんなぁ。
しかし上手い事出来れば、岩オブジェの上によじ登ったり、橋を掛けて渡ったりその下をくぐったり出来るようになるかもしれない。
そしたらきっと楽しい。
でも出来るのか?(^^;<不安だ

|

« カラーラとHSPでゲームその18 | Main | カラーラとHSPでゲームその20 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カラーラとHSPでゲームその19:

« カラーラとHSPでゲームその18 | Main | カラーラとHSPでゲームその20 »