« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

2006.06.22

HSPで3Dゲームその29

Gamen029

結局寝ても上手い考えは浮かばない。
きっと移動ルーチンを根本的に直さないと駄目なんだろう。
と言うわけでmhgファイルの大きさはしばらくこれで行く事にしよう。
同じサイズのJPGより大きいんだよなぁ(^^;(JPGから高さファイルを作っているので、じゃあ、マップを読み込むごとにJPGから作るようにするか?とも思ったんだが、それだとフォルダを見た時に画像で地形の形が解っちゃってかっこ悪いかと思ったりしたのだ)
と言う訳でこの問題は先送りだ。

で、代わりに海を作ってみる。
海のテクスチャを張ったボックスを置いているだけだけど、けっこう感じが出ている気がする(^^;
やっぱり怪獣は海から上がってこないと。
地面から出てくるのも好きなんだけど(^^;
海の中から木が生えているのは今の所気にしない方向で。
<これはそのうち対応する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.21

HSPで3Dゲームその28

もう、頭グルグルである(TT)
前回アップした時にmhgファイル(自前の拡張子のマップの高さが入ったファイル)の容量が4Mも有ったのに気づいたのが始まりだ。
いくらなんでも4Mはやりすぎだろう。
もっと小さく出来ない物か。
勿論圧縮する技術なんて俺にはない訳で。
で、思いついたのが、地形マップは64*64のメッシュで出来ている事だ。現在mhgファイルは1024*1024の座標データが入っている。しかし実際のメッシュが64*64ならば、mhgファイルだって64*64で済む筈じゃないか。1024:64は16:1だから、キャラのXZ座標を16で割ってmhgファイルに対応させればいいんじゃないの?
そう思ってやってみた。
オレ理論ではこれで正しい筈である。しかしオレ理論は間違っている事が多い。
実際そうやって動かしてみたら、なんか、キャラの座標の上下移動が物凄い値になっちまってる!
どうしてそんな値になるのかさっぱり解らない(TT)
しかも動き方が不自然なのにも気が付いた。
昇る時は物凄く昇るのに、降りる時はちょっとしか降りない。何故だ?何がどうなってそういう動きになってるんだ?
MHGファイルが荒くなって上下の誤差が大きくなってるだけなら、昇る時も下る時も同じ割合で昇ったり埋まったりする筈じゃないか?
数値的に色々いじったらますますおかしくなってきた(TT)
もう解らない!頭グルグルー!(TT)
もう駄目。寝る。寝たら良い考えが浮かぶのかどうか知らんが、ともかくこういう時は寝ちゃう!

はぁあ~。ドラクエ8のマップ移動はちゃんとしてるなぁ~。<当たり前だ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.18

HSPで3Dゲームその27

「roboko01.zip」をダウンロード


ロボ子ゲーム最新版009cをお届けする。
相変わらずまだゲームになってないけど(^^;
今回ダウンロードして出来るのはADZCXSFVキーでカメラが回転するバージョンである。
詳しくはreadmeを読んで頂きたい(^^;

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.06.16

HSPで3Dゲームその26

Gamen028
色々細かい部分に手を加えたりしている。
ロボ子の腿の曲がり方を直したり。
(ROKDEBONEのsigファイルを修正する)
地面と高さファイルの数値をいじってみたり。
(やっぱり数値をいじるだけではなんともならない)
ESAY3DforHSPのサンプルとか覗いてみたが、ちょっとまだ切り替えに躊躇している。まだ良く解らないのもあるんだが、地面データに貼るテクスチャの貼り方が好みでないのがその理由。どうもポリゴンごとに3種類に塗り別けられてしまうらしいのだ。
そんな事言ったって、お前のマップだって一種類のテクスチャの繰り返しじゃないか、と言われそうだが、実はその辺は色々考えている事があって、そこを規定されちゃうと困ったりするのだ。
ま、しかし、使ってみない事には。なんとかなるのかもしれないし。それに地面の当たり判定の部分はやっぱりあっちの方が便利。
で、まだEASY3D無しでやってみている。
アマゾンで参考図書とか買って、色々試したりしている。
カメラの移動方法を変えた。
三角関数、導入!<今更だが(^^;
hspmath.asをインクルードして、度数法をラジアンに変換できるようにして(このラジアンってのがまた意味が解らなかったんだが、円周率の割合で導かれる弧の長さの事らしい。言っててまだ良く解ってないけど(^^;具体的には3.1415…を割った実数だ)、カメラとロボ子の距離*sin(あるいはcos)θ(ここにラジアン)で、座標が出る。
つまりどうなったかと言うと、キーを押したらカメラがロボ子の周りをぐるぐる回るようになった訳(^^;今までのカメラの移動方法だとさすがに不親切なので、変えた。
三角関数の奴が「そんなに毛嫌いせんでお友達から始めましょうよ」と言い寄ってくる!
おのれ~、だまされんぞ!お前の本性は解っておるのだ!<なんのこっちゃ(^^;
ベクトルの奴が「ほら~、意地張ってないで地面との当たり判定に私を使って見なさい」とか囁く!
え~い!騙されるモンか!
おのれ、数学帝国の尖兵どもめ~!<あほかい(^^;

あ!プリントスクリーンから個人情報が!(^^;<あほの重ね塗りか(^O^;

| | Comments (342) | TrackBack (0)

2006.06.14

アルザックラプソディ

Rkgk02

今頃買ってるんだけど(^^;メビウスが昔の自分の作品をフラッシュアニメ風にしたDVD。元がカッコいいのでフラッシュアニメ風でも全然カッコいい。
B砂漠の孤高の戦士アルザックのショートストーリー集であったり。(1話3分半である)

すぐ影響受けるので、なんかメビウス風に描いてみたいと思ったら山岡○郎になっちゃった(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.10

カラーラとHSPでゲームその25

どーもいけない(^^;
多少埋まったり浮いたりするが(<多少か?)、まあともかく、一つのフィールドではそれなりに動けるようになったので、プログラムの最中にフィールドを切り替える処理をしてみたら、高さが全然めちゃくちゃになる。特にガンジラー。居ないと思ったら遥か上空に居たり、遥か地の底に潜ったりしている(^^;
切り替える先のマップもこれまでに作ったテストマップで(テストマップが4枚くらいあるのだ)、以前はちゃんとしてたのに切り替えるとこれだ。
う~む。
根本的に、高さの情報は地形データから割り出してるんじゃなく、地形を作った白黒BMPから作り出してるのが原因なのか?要するに高さのデータと地形モデルの高さが別物である、という事が。
普通3Dゲームを作るとすると、Cなんかでやる人は、自分で3Dのフォーマットを作ってやったりするものだ。なので地形の表面の高さも地形の表面と垂線の交差してる所のY座標を求めたりなんかして、出すのである。お近づきになりたくないベクトルさん達に関係する領域だ(^^;<それがいかんのだが(^^;
こりゃもうちゃんと高校の数学からやり直した方がいいのかなぁ(TT)<人間的にはその通りだ(^^;

…と、思っていたら、
ROKDEBONEのおちゃっこ氏がEASY3DforHSPの、3.1対応版を出しちゃいました!
いや、前からESAY3Dを使った方が良さ気なのは解ってたんだけど、HSP2.61に戻るのがイヤだったので使ってなかったのだ。
こうなったらEASY3Dで作り直すか(^^;
問題はEASY3Dの事をおいらが全然解ってない点だが(^^;
高校数学をやり直すのと比べればかなり乗れると思う。<それはどうかな?(^^;

しかしガンジラーだけおかしいってのも変な話だよなぁ?
なんか間違ってるんだろうなぁ?
どこがおかしいんだか解らんのだよなぁ?<阿呆ですからねぇ(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.08

カラーラとHSPでゲームその24

「roboko01.zip」をダウンロード

『ロボ子ゲーム』(まだゲームになってないが(^^;)ヴァージョンアップ版をお届けする。<偉そうだな(^^;
前回と何が違うかと言うと、
●ガンジラーが登場して歩いたり吼えたりする。(音は出ません)
●フィールドに木が生えてる。
以上!
・・・・・・・・・。
<それだけかいッ!(^O^;
え~。
このプログラムはまだ未完成の物であるため、ロボ子が浮いてたりガンジラーが沈んでたりしても見ない振りしてくだされ。
このプログラムの肝は、視点をどう取るかです。カーソルキーを右手で操作しながら、左手でAZSXDCFVのキーを操作して上手い具合に景色を眺めてくだされ。地面スレスレにカメラを置いて移動すれば、けっこうスピード感が出ます。逆に3D酔いする人はカメラを見下ろし視点に置けば安心(^^;ちなみに、
A、Zキー・・・・・カメラのX軸移動。(ロボ子の初期配置状態で左右)
S、Xキー・・・・・カメラのZ軸移動。(ロボ子の初期配置状態で前後)
D、Cキー・・・・・カメラの上下移動。
F、Vキー・・・・・注視点の上下移動。
になってます。
わけが解らなくなった時はQキーを押すと初期状態にリセットされます。
Wキーを押すと岩を持ち上げて移動できます。Eキーで下ろします。特に意味は無いです(^^;
スペースキーを押すと調整ウインドウが開きますが、皆さんにとっては使い道が無いと思われます。ウインドウを閉じるとプログラムが終了してしまうので閉じないで下され(^^;<だったら付けるなよ(^^;
フィールドボタンを押して戻ってくだされ。つまり、一度開いたら開きっぱなしにしといてくだされ、ッつー事で(^^;<難儀な(^^;
楽しみ方としては、ガンジラーを追いかけるとか。移動スピードが同じなので追いつけません。が、時々奴は立ち止まるのでそこが狙い目(^^;追いついたからどうなる訳ではないのですけど。
あるいはガンジラーがこっちに迫ってくるのを逃げずに待ち構えるとか。けっこうドキドキします(^^;踏まれてもダメージを受けませんので大丈夫(^^;
で、基本的にはガンジラーの後をついて回って眺めてるだけ、ってのが本来の目的です。あっはっは。
CDで怪獣物のBGMとかを流すと無理矢理、雰囲気が高まります。<無理矢理かよ!
動作環境とかは前回と同じなのでREADMEを読んで下されば。
そんな感じで!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »