« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

2007.11.30

なんか凄い事に

アマゾンから人工少女3(さん)が届くのはどうやら明日になるっぽいな。
で、発売日でもある事だしイリュージョンのHPでも覘こうかと思ったら、なんか同じ事を考えてる人がものすごく居たみたいで、HPが繋がらないよ(^^)
まあ、昨日覘いたんだけど。すでに修正パッチがアップされてたのがアレだ(^^)
あ!それでか。
今日買った人が修正パッチのダウンロードに集まってるんだな。
ううん。ミラー立てないとね。イリュージョンさん。
そういや、アマゾンの18禁ソフト部門でも1位になってたよ。
アレから考えてたんだけど、MAP構成が地域マップをゲートで繫ぐ方式なら、オレのパソでも動く事は動くと思うんだ。多分。大丈夫だよね?オブリビオンみたいにシームレスで繋がってたりせんよな?<まあ、無いと思う
うう。動くかなぁ。
ま、それはともかく。
みんな期待が高まっている事は確かみたいで、うちみたいなトコにも検索ワード『人工少女3』で今までに無いくらい人が来てるんよ。
特に昨日から凄い事になってて、記事『どうしようかなぁ、人工少女3』のHIT数が、昨日は50、今日は100越えた(^^)。一日のHIT数で新記録!すごいなぁ。<レベルの低い話だと思うかもしれんけど(^^)
みんなが興味持つネタとかあんまり話題にしないからなんだけど。
もう少し態度を改めんといかんかね(^^)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.23

注文しちまったぃ(^^)

人工さんいらっしゃいのキャラ登場マックスは5人でした。素で間違ってました。
ラブ数値は間違ってないけどな。19ってのはキャラ登場1人設定で俺のマシンが出した一番いい数値なんだからね。<駄目だろ<はい、駄目ですよ。と。
いらっしゃいしていると、自分でキャラメイクした女の子たちが入れ替わり立ち替わり、リビングルームに現れては消え現れては消え。アレですよ。18禁ゲームなので女の子達の色んな所がプルンプルンしちゃって、もう。
自分でキャラメイクした女の子達なので自分の好みになってる訳ですが、たとえちょっと好みから外れているとしても、いじったり設定組み合わせたりしてると愛着が湧いて来るもんなんですね。
そんな素敵な空間をですな、客観視点で眺めてる訳ですけど、これをスペースキーを押して主観視点にすると、もうプルプルが!目の前で!<落ち着け
これはもう!買うしかない!
背景データとか、服のモデルデータとか、音声データとか諸々、更にゲーム本編は重くなってるに違いないけど!
おそらく確実に近い確率で動かない気がするんだけど!
どういう風に話すんだか声を聞きたい!ていうか、話しかけられたい!
キャラメイクで設定した性格がどういう風に作用してるんだか知りたい!ていうか、絡まれたい!
11月30日発売かぁ。10日切ってる。
いや、しかしマシンスペック的に無理だから。
いやでも、何とかなるかもしれないし。我慢できる範囲かもしれないし。
いやいや。
いやいやいや。

…で。
辛抱たまらなくなって、注文してしまいました。
動かないかもしれないのに。
あほだわ。オレ。

どうか、せめて動きますように!



| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.20

す、すぎやまこういちセンセ…

何回か公言してるけど、あたしゃすぎやまこういち先生、好きですよ。
で、こんな記事を見つけた訳だが。
http://news.livedoor.com/article/detail/3396583/

さすが若いよ、先生。
ゲーム好きでドラクエの曲も躊躇無く引き受けただけの事はある。
イデオン、ビオランテ、新マンOP-♪
そうかー。2chとかも良く見てたりするのかぁ。
ん?
てことは!
ミクに「コスモスに君と」とか歌わせて、アップしたりすると、ひょっとしてかなりやばい?<なぜそうなる!こんな床まで見てないだろ(^^)
いやほら、ご自身の曲とか検索した時に、なんかの拍子でHITしてさぁ、
ほら、すぎやま先生、ジャスラックの中心人物らしいからさぁ。

<はっ!さてはお前、思いついただけで記事立てたな!
ぎくぎくっ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

どうしようかなぁ、人工少女3

人工少女3(さん)が発売間近になっている。
実はすごく欲しいんだよぅ。
めちゃめちゃキャラメイクが楽しいし。おっさんだがまだまだそっちは大丈夫なんだよ、オレ。<何を言ってるんだか(^^)
イリュージョンでHP見たりしてると、いいよなぁ。
自分でカスタマイズしたキャラといちゃいちゃしてぇ。
しかし…。
そこのダウンロードページに「人工さんいらっしゃい」というプログラムがあって、やってみたんだけど、
…すごく重いです(TT)。やっぱりだ。
なんたって、うちのマシンAMDのsempron2200(1.5GHくらい)だし。こないだ付けたグラボもGeFoce6200だし。
メモリだけ1Gだけど。
うちのマシンで人工さんいらっしゃいやると、6人の人工さんを表示してると6ラブくらい。これは動作が遅くて快適には出来ない状態だ。人工さんが1人なら19ラブくらいで普通よりちょっと下だ。
人工少女3は町とか背景が凄い事になってるみたいなんで、いらっしゃいのリビングルームでこの状態だと、外とか出たら大変な事になってしまうに違いない。
ううう。
これは何とかマシンを強化せねばならんかも。と思ったんだけど。
グラボはマシンの箱がスリムタイプだから、あんまり選択肢が無いみたい。<ちゃんと調べてないけどな。
CPUはsempronだからソケットAの奴じゃないと駄目なんだ。
sempron3200とかいう奴にするとましになるかも知れん、と調べがついた。
しかし、ソケットAのSEMPRONとかもう時代遅れになってるらしくて(今はソケットAMとかいうのに移ってるらしい)、扱ってる店が無いっぽい。
くそう!マイクロソフトめ!お前らがVISTAなんか出したせいで、オレのマシンが時代遅れになるぅ!<それは逆恨みだし根拠も間違ってるし
あれやねぇ。
動かないの覚悟でチャレンジしてみるかなぁ。<マシン新しくしろよ<それは無理目95㌫

sempronなんかデスクトップに積んでる時点で間違ってるよな。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007.11.17

作ってみたメイキング

作って公開したけど、マイミクの連中にまで無視喰らってがっかりです(TT)
レンダロからムービー見に来てる人も無い。
ま、こんなもんか。
もちろんこのブログの記事にもレスポンス無し(^^)
いいけどな。

という訳でメイキングだ。<どんな訳だか

今回のムービーは全13カット。秒数約57秒。
地形を作り出してから約1ヶ月の制作期間。
Making01
これが今回のムービーで使った舞台の全景。
あんまり舞台を広く作ってしまうとレンダリング時間が無駄に掛かるので必要な所だけ作ってあるのは、お約束。
CARRARAの「リアルな空」機能が良い味を出してる。
個人的な好みで「リアルな空」の明るさを180くらいに上げている。
無限平面を2枚使って海底と水面を設定してある。水面のバンプはシェーダー岩が良い感じになる。波頭の効果をあてたシェーダーも作ってあったんだが、レンダリングしてみるとうるさくなったので没にした。
CARRARA6で海機能が追加されたらしいんだけど、英語版だ。早く日本語版出ないかなぁ。
Making02
今回の制作のメインとなったポリメッシュの地形。
CARRARAでは地形エディタというのが有って、地形を作る際にはそれで大体事足りるんだが、配置するオブジェに合わせて地形を調整しようとすると、かなり面倒なことになる。
エディタで作った地形をポリゴンで吐き出してもいいんだけど、メッシュが細かいので重くなる。
軽いメッシュで、エディタの使ってる地形シェーダーが使えれば、芝居の舞台としては最適だ。
しかし、今まで何回かポリゴンで作った地形に地形シェーダーを張ってみたんだが、うまく適用できなかった。
その原因はモデリングルームのスケールにあった。
地形エディタのスケールが基本メートルなのに対して、モデリングルームのスケールを基本センチに設定していた為、作った地形モデルが小さすぎる状態になっていたのである。
両方のスケールを合わせてやれば、作ったポリゴン地形に地形シェーダーを思った通りに適用できるようになる。
今回、ポリゴン地形は砂浜と山の2種類作り、山は複製して2個にしてある。
普通に地形シェーダーで吐き出した地形モデルも、遠景に配置した。(この画像で消えているのがそれ)
こういう舞台で植物も配置するのが定番だが、樹木モデルは重い。板に貼っても良いんだけど、今回どのアングルから見えるか予測できなかったので植物は無しの方向で。
その辺、軽い植物モデルの問題は今後の課題になるな。

Making03
舞台に配置してあるポリゴンオブジェクトの岩。
7種類の岩ポリゴンオブジェクトをコピペで増やして使っている。
軽めのポリゴンオブジェクトで画面をごちゃごちゃにしていくのは、CGしている時の楽しい作業の一つ。
なんか楽しい。
やりすぎると重くなるから自制心が必要だ(^^)
何種類かビルを作って町並み作ったりするのとかも楽しい。
そのうちやってみたいのが、エグゼキューターの側面みたいなメカとか。あそこは帝国の逆襲の見せ場だよね。
Making04
そして今回のムービーの俳優さんたち。
レゴンとジャンボビートルと科特隊の皆さん。
イデっぽい人が降りてくるジャンボビートルのタラップは、今回急遽でっち上げた。
人間と怪獣と、おんなじスケールで一緒に撮影できるのはCGならではの醍醐味だなぁ。
実写なら俳優連れてロケに行って、その後怪獣やメカ部分を撮影して、合成してだから、おいそれと取り直しとかできないし、何よりまずよっぽどお金持ちでも個人じゃ無理。
それがCGならパソコン一台で出来るんだから、8ミリでモデルアニメ作ってた頃に比べると夢のようだ。
部屋も汚れないしね。
最終的に個人レベルで満足できれば良いなら、これで十分だ。
だからレスポンスが無くても気にしちゃ駄目<ううう(TT)


在庫切れの商品にリンクしても仕方ないよなぁ(^^)<そんなのばっかりだけどな、なだログ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2007.11.16

作ってみた

Regon
怪獣が好きでモデルアニメが好きなので「アルゴ探検隊の大冒険」が好きなのだ。
レッドクロスの怪獣で以前作ったレゴンというのが居て(過去記事に製作途中の画像が載ってるが)、割と自分の怪獣の中では好きな方なので、ムービーを作った。
科特隊っぽい人たちも使いたかったのである。で、使ってみた。
「regon.wmv」をダウンロード
なので出来たムービーは当然のようにこうなっているのであるな。
タロス、かっこいいよ、タロス。
いつもの様に音楽が無かったら見れたモンじゃない。
バーナード・ハーマン、かっこいいよ、バーナード。
アルゴ探検隊のCD持って無いのが残念だ。

以下、製作中の雑感。
科特隊5人に、レゴンに、カメラにで、動かさなくちゃならない物が沢山有ると頭がこんがらがる。途中でやになったよ。<だからか!<えー、えー。
CARRARAのスキルが少し上がったと思う。地形用のテクスチャーシェーダーを操れるようになった。モデリングルームで大きなスケールにするのか。これで、ポリゴンメッシュで作った地形に地形シェーダーを貼れる。
タイムシーケンサーのキーポイントの編集の仕方(コピーとか、まとめて移動とか)が飲み込めた。今まで一つ一つ手作業でやってたモンね。<あほだな
CGなのにモデルアニメっぽい動きですが、狙ってやった訳じゃありません。アニメ付けが下手なだけです。情けないです。
結構制作期間が長かったんっすけど、これでも1分無いのよ。気が遠くなるなぁ。
モデルアニメだともっと手間が掛かるんだよなぁ。
ハリーハウぜン、偉いよ、ハリー。<そこ!切らない!
レゴン、下から見上げるカットが欲しかったんっすけど、下から見上げると胸のパーツで顔が見えない事に気づいた。詰めが甘い。デザインの。情けないです。
割合的にへこむ成分の方が多かったムービー製作でした(TT)<しかも途中だしな<情けないです


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.13

怪獣成分補給汁!~ブログ版

Siraion01


なだログの方も最近怪獣成分が足りないので補給しなくちゃ。
といっても弾が無いので絵は有り物。

最近で「おお、怪獣っぽいな!」と、感嘆したのは、2作品。
スピルバーグの「宇宙戦争」と、PS2の「ワンダと巨像」。
何でトライポッドの玩具とか出てないんだろ?出てる?
ワンダの方はコールドキャストの巨像のスタチューとか出てるよね。
版権の関係なのかもしれない。
ガレージキットとか出てないのはそれで判るけど、米の玩具会社でも出してるって言う話を聞いたこと無い。
知らないだけかも知れんけど。

ジャクソンのキングコングはよく出来てて好きだけど、アレは怪獣じゃなくてクリーチャーになってる。
パイレーツオブ~のクラーケンとか、スパイディ3のサンドマンとか、キングコングももちろんそうだし、ゴジラFWとかもある。良いクリーチャーが増えたと思う。でも怪獣はめっきり少なくなっちゃったと思ってる。
メビウス&ウルトラ兄弟も良い出来だったし楽しめたけど、もはやウルトラに怪獣は出てこない。

いったい何がおいらに怪獣と感じさせるのか?
怪獣には様式美があると思う。
説明するのが困難なんだけど、魂で感じる怪獣要素がある。
「ワンダ」と「宇宙戦争」でそういう様式美を感じた。
「ワンダ」の場合、プレイヤーに巨像の魅力を伝えるために、練り込んで演出したのが偶然怪獣要素になったのかもしれない。ゲームとして良く出来てるから、演出も練り込んでる筈だ。
その時に怪獣物を目指そうとは多分思ってない。単に良い演出を、と思ってやってるんだろう。
その気持ちが怪獣物のパイオニアたちの精神と似たんだろうと思う。
スピルバーグの場合は、絶対狙ってると思う。
子供の頃に数え切れないほどのいろんな映画を見て、映画の良さが何処に有るのか解っていて、映画の作り方を知り尽くしている天才だ。狙って作ればあのネタで良い怪獣映画になるのは当然。
残念な事に、怪獣ファンはE.T.で、スピルバーグを嫌ってたりするから、そのスピルバーグが良質な怪獣映画を撮るなんて認めたくないんだろう。
それにCG嫌いな奴が多いんだよな。
円谷英二の全盛期にもしCGが有ったなら、彼は迷わずCGを使ったに違いないのだ。
そして凄いCG怪獣を生み出していた筈なのだ。
ハリーハウぜンだって、もしCGに出会ったのが若い頃なら、「私はCGを認めない」なんて言わなかった筈だ。

そして日本の映画ファンは刷り込み的に怪獣映画を馬鹿にする傾向があるので、本物の怪獣映画であるこの作品に釈然としない物を感じた筈だ。
それが、宇宙戦争が、公開後、それ程盛り上がらない理由だと、独善で判断している。
もうさ、流行らないんだよね。怪獣って。
そしてマスコミ構造体や、怪獣体験の無い若い世代にとって、流行らない物は価値が無いのだ。
しかしそれは真実ではないんだけどね。
ゴジラもキングコングもドル箱スターだけど、興行的に失敗してて知名度が無くても良い怪獣ってのは確かに居る。
怪獣は難しいんだ。
良いデザインと良い話がそろっても良い怪獣にならない。
面白い映画になっても面白い怪獣映画になるとは限らない。
良いクリーチャーがデザインできる能力があっても、良い怪獣がデザインできるとは限らない。
なんだろ?どんな公式があるのか、うまく説明できない。
あえて簡単な言葉に逃げるならスピリッツ。怪獣魂が必要なんだと思う。
考えるとどんどん難しくなってくる。
もう新しい良い怪獣なんて凡人のおいらには作り出す事なんか出来ないのかもしれない。
そんな風に考えちゃうくらい難しい怪獣が好きだ。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.11.11

ミクさんに台詞をPart.2

ミクさんにコンピューター音声やってもらう第2弾(^^)
物忘れが激しいので色々、いろんな意味で間違ってる気がする(^o^)

「jemee.mp3」をダウンロード

でも気にしない!ネタだから!<待てこら



もっと真面目にアマゾン使った方が良いのだろうか(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.10

ミクさんに台詞を読んで貰った

もちろんミクさんは歌うボーカロイドなのである。自然に喋らせようとかしてないので技術的には期待しないように。
それからきっと喋らせている人はたくさん(潜在的に)居るだろうが、そういう系統でもないから期待しないように(^^)

「kiken.wav」をダウンロード

自然に歌うために作られたミクさんに、こんな事をしてもらうのは本末転倒のような気がするが(^^)
この手で今度ミクさんにムービーに登場してもらうのもアリか?<アリなのか?(^^)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.02

泣けるでぇ2

http://blog.goo.ne.jp/miyuki_bobby/e/35108ca32f398b9ed971cadf6ea5ba18

映画版シンプソンズのDVDにテレビのオリジナル吹き替え版が収録されるらしい。
良かったなぁ(TT)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »