« November 2007 | Main | January 2008 »

December 2007

2007.12.31

リン・レンを聞いてみた。

ピアプロでリン・レンを聞いてみた。
もうすでに発売されてるわけだが、ほら、今回はかなりのお転婆さんだという噂もあるので(^^)
しかし!
リンの演歌具合がここまでとは!
レンの少年っぽさがここまでとは!
これはぁ!
いいね、いいじゃない!少女演歌!
天狗のおじさんが助けに来そうじゃない!靴磨きでも始めそうじゃない!<なんなんだ!
そして、少年歌唱といえば!子供番組でしょ!ジェッターマルスでしょ!ガンバロンでしょ!<いや、ガンバロンは伴奏難しいぞ(^^)<アクマイザーのベース見てから弱気だな。再現度低い癖に。
怪獣王子とかどうよ!王子、流行ってるし!<あれは正確には少年歌唱じゃないけどな。ってか、王子流行ってるからかよ!(^^)
いいよいいよ~。
むずむず。
<お前がプロデューサーって、クリーミーマミとかに出てくる悪役pの奴っぽいよな(^^)グヘヘえり子ちゃ~ん、とか言う。<うるさいわ!誰だ、えり子って?見てないわ!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.30

うふふ

横山智佐さんかわいいっ!
…というからには横山智佐さんより年上でなければならない。
反論は許さない。国会で青島幸雄が決めたのだ!<通じないよ!ネタが!
だがオレはクリアー!<だからどうしたと!
もうね。エクスカイザーのことみちゃんの時から好きだモンね。で、ラムネでやられたと。<だからどうしたと!!
だから山口カッペイと○ンコとか○ンコとか言いあってるのを聞いた時は悲しかったよ(TT)<誤解を招くような言い方するな!^_^;(ラジオの話です念の為)
<だからいったいどうしたんだ!!!<ヒント『酒』
<酔っ払いかよ!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.23

TDKIのミクの中の人

コレはあくまでおいらが感じただけの事なんだが、
TDKIの第一夜見て、ミクの中の人とリンの中の人が、相性良くないように見えたな。
声優というのも芸能人だからああいうもんなのかも知れんが。
仲が良すぎてああなのか?<疑わしい。
張り合うなら張り合うで、折笠愛と高田由美みたいな感じならネタだな、と楽しめる(例えがアレですまんそ)が、ちょっとコレはやばい雰囲気が感じられる。気の回しすぎか?(^^)
ユーザーとしてはこれからリン・レンが出たらはもらせたりするんだろうから、仲良くやって欲しいな。
いや、勘違いかも知れんけど。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.21

金銀こけし

おいらの住んでるところの側に黒石伝承工芸館こけし館ってのがあって、そこにふるさと創生資金の一億円を使って作った純金こけしってのが有るんよ。
一億円を貰った時になんに使おう、って事になって、話し合った結果、黒石市の工芸品って事でこけしのデラックスな奴を作ろう、って事になったらしいんだよね。
苦笑いする人たちもそれなりに居たのよ。
ま、しかし、『ふるさと創生資金』って、結構お間抜けな使い方を各地でされたみたいで、そういう意味じゃご同類ってことやね。
んでさ。
黒石市って結構赤字が厳しい状況なのね。
前述のこけし館に飾って金銀こけしを見に来る人もそれなりに居たんだけどさ、
これまたおいらの住んでる側に中野もみじ山ってのが有ってさ。そこに秋になると県内外とか韓国とかから、観光客が結構来てるのね。その人たちが紅葉狩りを楽しんだ後で、ついでに金銀こけしを見に行くか、って言う流れもあったりしたのね。
なんだけど、もう赤字が厳しいから純金こけし、売っちゃおうよ、って事になったのさ。
ところが世の中景気が良くないから、なかなか買い手が現れなかったんよ。
溶かして処分しちゃうのは忍びなかったんだろうね。
な、わけで地元の人はますます『純金こけし』って聞くと苦笑いの度合いがアップしてた訳なのさ。
なんかやるせない話だよねぇ。
そのやるせない純金こけしに買い手が付いたそうなんよ。なんかニュースでやってた。
ここ、喜ぶトコなのか?なんかやるせない感じがまたまたアップしちゃったよ。
ま、この手のニュースって地域の人じゃないと、興味無い話だしー。
なだログで取り上げる話題でもないんだけどー。
地元の話なんで記事にしてみた。
はあー。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

いろいろの続き


初音ミクの着歌に絡んだ問題について、クリプトンのブログでなんか説明があったね。
このケースではおいらは割りとCryptonの言い分のほうを信じてるんだが。
根拠はあんまり無いんだけど(^^)勘で<おい!
なんかさ、こういう問題って早くすっきりするといいよねぇ。
http://blog.crypton.co.jp/mp/
↑クリプトンのブログ
しかし考えてみると、コレは初音ミクがボーカロイドだからこういう風に問題に出来るのであって、人間のアイドルだったら問答無用になっちまうのは明白で、とりあえずここでこの件がいい方に決着が付いて、
そんでもって、今の、『お金持ち(企業)の権利がメイン対象になっている商業主義の(文化的な事を無視した)著作権の有り方』みたいなものが見直される方向に進んでいったら…。
初音ミクが日本の著作権を変えたジャンヌ・ダルクみたいな、なんかそんな感じでかっこいいな(^^)
『その時、彼らの中心となって、人々を結び付けていたのは、人間ではなく、最初のボーカロイドだったのだ!』
みたいなさ(^^)
<はいはい、漫画の読み過ぎは自覚してますよ、と。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.20

いろいろ

記事にコメントをいただいた。
『人工少女がめんど臭くて出来ない人へ』の記事だ。
コメント内容は、『説明書をネットで調べている連中の中にはダウン厨が居るんでやばいよ』というものだった。
なるほど。
おいら頭悪いからそれは気づかなかった。
早速件の記事を削除したけど、あの記事だけで1000HIT近くあったんだよ。手遅れだったかもな。反省。
それ以降、かなりなだログの毎日のHIT数も落ち着いた感じになってる。
悪事とエロは千里を走るんだなぁ。
本能、怖いよ、本能。

最近、初音ミクの歌で一番有名なのを、作った人じゃない所がJASRACに登録しちゃった事で問題になってるな。
金に関係する問題ってのはいつも汚いんだよな。
金が思想とか文化に絡むとこじれるんだよ。
ところでさ。
金って無いと生命に係わったりするけど(有りすぎても係わったりするな(^^;)、金が無いと死んじゃうのは文明人だけなんだよな。
野生動物なんかは金が無くなっても死んじゃったりしないんだよ。
酸素とか食い物とかは、元から環境の中にある物を利用してる訳だが、金は人間が作って、自ら生活に加えた物なんだよな。
自ら作った物が無いと生存できない生物って、他に何かあったっけか?
おいら、頭悪いから解んないや。

しかし、話を戻して初音ミク。
テレビ局がらみの揉め事があったり、今回の様な事件があったりで、実に一流アイドルっぽいじゃないか。<また馬鹿な事を言って!
どっかのコメント欄で言ってたけど、『初音ミクが新しい時代を作』って行きつつあるんかね?
個人的には『初音ミク』は遊べるおもちゃでいて欲しいんだけどねぇ。
あっち側の欲望の大きい人達には放って置いて貰いたいなぁ。

そういう意味では、最近の怪獣関係はいい感じになってきたのか?違うのか?
頭悪いから解んないや(^^)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.19

test

ちょっとテスト(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.11

人工少女3+初音ミク?

Miku
なんか最近、ホントに人工少女一色になってるんっすよ。検索フレーズとか見ると95パーセントぐらい人工少女関係。
HIT数とかもう、平気で500とか越えちゃって、すごいなぁ、人工少女パワー。
で、姑息な事をやってみた(^^)
コーディネートでパチ初音。<おい(^^;
テクスチャいじらなくてもここまでは出来る、と。
熱心な人は、もっと作り込んでチャレンジしてみてくだされ。
もっとちゃんと造ってる人がいっぱい居るだろうけどさ(^o^;
あははは。


| | Comments (75) | TrackBack (0)

2007.12.07

けっこう深いぞ、人工さん

2007_1207_1936_00640
今回ゲーム内容に立ち入った話になっちゃうから、『人工少女3』は自分の流儀でやる!って人や、エロゲの話は不愉快だって人は読まないでね(^^)

『人工少女3』関連の話題は、関心が高いらしくて、この何日か、なだログとは思えないような(^^)訪問者数なんっすよ。ありがとうございますm(__)m
すでにプレイしてる人はそんな事無いと思うけど、本編を未プレイの人や興味の薄い人はこう思ってるかもしれない。
結局カスタマイズだけが売りなんじゃないの?、と。
プレイしていて、最近あっし、このゲーム、決してカスタマイズだけが売りじゃないんだな、と感じる様になりましたよ。

エロゲの売りといえば、まあ、エロな訳ですが(^^)それに付加する形で色んな売りがある訳ですよ。
たとえば、感涙必至の感動ストーリー!だとか。
差分含まずウン百枚のグラフィック!あるいはほぼ前編に亘って動きまくるアニメーション!だとか。
数十種類の組み合わせで自由に組み立てられるシチュエーション!だとか。
当代随一の人気絵師さんがグラフィックを担当!だとか。
声優さんがエロくてかわいくてもうたまんない!とか。
まあ、色んな売りがあって、それに惹かれて買う訳ですが。

しかし、気が付いてみると、イベントだとかHシーンだとかは繰り返しにならざるを得ない状況があるんじゃないっすか。
数回分くらい違ったパターンが有るとか、なんか、こう、工夫がしてあるにしても、基本的にゲームの提供する工程でHが進むじゃないっすか。
まあ、確かにH行為なんてのは、同じ相手に対してそうそう、毎回違ったプレイ、なんて現実でもなかなか難しかったりするでしょ?そうでなかったらこの世の中に『浮気』なんてものが生まれてくるわけ無い筈だし(^^)
なんで、Hシーンが繰り返しでも、まあしょうがない?そこは疑問に思わない、みたいな感じが有るでしょ。
しかし、どうやらこのゲーム、『人工少女3』はそうじゃないかもしれない。
と思っちゃったんですが、同じ様に思ってる人、きっと居るに違いない。
なんか、『絢爛舞踏祭』(PS2のゲーム)と非常に似た手応えを感じるんっす。
こちらの行動に対して、かなり柔軟にキャラクターが反応する、というか、色んな風に受け取って想像を膨らませる余地が有る、というか。

まあ、あっしエステル(『絢爛舞踏祭』のキャラクター)をコーディネイトして遊んでる訳なんっすけど、『絢爛』をやってる時に、エステルはかなり嫉妬深い、そんでもって武人系なんではないか、と妄想しつつ遊んでいた訳っす。
なので人工さんのエステルも、嫉妬深くて武人系な性格設定に当然なった訳っすよ。
そんでプレイしてみたら、
なんかオレ、またエステルを追っかけて走り回ってる!夜明けの船でやってたのと同じ様な行動を人工さんの世界でもしていて、それに違和感が無い!ていうか、これ、ホントにエステルなんじゃないか?(^^)
とか思ってしまって(^^)
まあ、ゲームの目指す所が違う訳なので、会話のコマンド選択で行為パラメーターの上下に一喜一憂する、とかそういう部分はさすがに無いんっすけど、キャラの行動に明らかに感情を汲み取る含みがあると思えるんっす。
廊下に立ってこっち見てる、とかね。姿を見失って何処に行ってるかと思ったら俺の部屋で寝てた、とかね。
人工さんのエステルが、海を1人で眺めてたのを発見した時なんか、ひょっとして火星の海に帰りたいんじゃないか?とかうっかり思ってしまいました(^^)

という訳であっしが思う人工さんの密かな売り、その1。
『絢爛舞踏祭』が楽しめた人はすんなり楽しめる。<それは微妙すぎる!(^^)

そんで。
最初の頃、Hがうまくいかないんっすね。エロゲなのに(^^)
『人工少女2』の時のあの簡単さに比べると、同じゲームか?ホントに!ってくらいまず失敗したりする訳です。
多分みんな、なんでキスからHに流れて行かないんだ!なんで女の子どこかに行っちゃうんだ!と、絶対思った筈!<え?オレだけですか?そんな馬鹿な(^o^)
しかしそれはイリュージョンが『今回のゲームは前回と違うんだよ』と仕掛けたトラップみたいなもんじゃないかと。
と、同時になんか、初めての頃はHとか最初からうまくいかない現実世界と、同様になっている、と。
ええ。なってるんですよ。
それに気づかせる為に、あんな風になってるに違いない!<あくまで個人的意見っすけど。
人工さんのHは実に旨い事作ってある。
Hに慣れたプレイヤーなら、現実世界と同じ様に女の子を気持ち良くさせ易い。
たとえば最初からゴリゴリ強くすると、女の子は気持ち良くなれない(^^)
緩急つけて、時にじらしたりすると、それに伴って女の子の感じ方が違う。
女の子とプレイヤーに相性が会って、それによってHの難易度が変わる。

他のエロゲとはまったく違う次元で、Hをプレイヤーの思う通りに進められる様になってるんじゃないかと。
実に変化に富んだ、多彩な反応を女の子から引き出す事が出来る様になっているんじゃないかと。いや、ちょっと言い方が違うかも。
プレイの仕方で好きなように女の子を反応させる事が出来るんじゃないっすかね。

もうね。じらしてじらして、『早く、ください』とか言われた時には!もう!もうっ!<落ち着け(^^)

これが密かな、そしてホントの『人工少女3』の売りである、とあっしは思います!<間違ってたら御免な。
コーディネイトで衆目を引き、プレイするとこんな要素が待ってるんっすね。旨い!

少女たちのカスタマイズ目的で買っても構わないんっすよ。
そして、ぜひ自分でカスタマイズした少女を相手にプレイしてみて下され。
最初Hがうまくいかなくても挫けないで、じっくり人工少女の喜ばせ方を発見して行ってくだされ。

あっし的には『人工少女3』かなりお勧めのエロゲでありますよ。
迷っているなら買ってしまえばよろしい。

いや、ホント(^^)

…ところで。
和室にある日本人形、怖くない?髪形が変わったように思ったんだけど、錯覚じゃないよね(^o^;


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.04

コーディネイトしてみた(^^)

2007_1204_2210_03984
人工少女3の服装コーディネートを利用してPS2『絢爛○踏祭』のエ○テルを作ってみた(^^)
まだ上着のテクスチャ書いただけだし、他は色合わせだけで誤魔化してるんだけどさ。
初音ミクじゃなくてごめん。<こら!何でエス○ルだけ伏字なんだ!<いやぁ、なんとなく申し訳ない気持ちになったもんで。
これでps2では出来なかったあんな事やこんな事が出来る!…すいません。
アニメの方はこっちで放送してなかったので、声が折笠さんじゃなくても大丈夫。<なんだかな(^^)
ま、お手軽で作ったからクオリティは低いけどな。
こういうの、本人が満足すればいいんだよね。<またそれかよ!
そのうち同人とかネットのあちこちとかで、クオリティの高い色んなキャラのデータが出るだろうから、しっかりした奴が欲しい人はそれを待てばいいよね。
でなければ自分で作るとかね。
特に改造プログラムとか無くても、こういう遊び方が出来るのって楽しいよな。<もちろん常識の範囲での話だけどな。

え~と、作り方とか、説明、要る?<DISK2見れば解るし、簡単だし、いらんだろ(^^)

おでこの冠みたいな奴が無いとさびしいな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.03

鏡音リン・レン

http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv02.jsp
なんとビックリ!
ボーカロイド02の鏡音リンちゃんは双子だった!公式ペ-ジで突然発表されて驚いた!
そうか、ジェンダーパラメーターと相性がいい、ってそういう事だったのか。
あれだ。正太郎系ボイスだな。<そうなのか?
いやぁ、これは旨いトコ突いてきたな。
正直リンちゃんは様子見だな、と思っていたんだが<おい!
そういう使い方が出来るんならこりゃチェックだなぁ(^^)
ミクとレンでデュエットとかアリだよなぁ。
イラスト系の人達も、ネタが膨らむってモンだろう。
旨いなぁ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.01

なんだこれ!

http://www.nazo-movie.jp/

http://www.cloverfieldmovie.com/

ロストのJ.J.エイブラムスが怪獣映画を公開するみたいだ!
公式ページ(下のURL。英語)によるとスカイスクレイパー(摩天楼?)並みのサイズのモンスターがニューヨークに上陸し、それに遭遇した5人の若いニューヨーカーの話らしい。
タイトルは『カバーフィールド』とかで米では’08・01・18公開っぽい。
上のURLのムービーは日本語字幕が付いてます、が、しかしなんだか解らない。
下のURLのムービーはもうちょっと詳しくなってるけど、あれ何?テントの外に居る奴何?ビルの陰にちょっと見えるの何?
ロストもなぁ、第3シーズンまで放送終わって、ジャングルを揺すってたのは黒い霧みたいな奴っぽい、ぐらいしか解ってないからなぁ。まともな怪獣映画とかは期待出来ないんだけど、怪獣映画とか関係なく面白そうなのは間違いない。
ひょっとしたら怪獣は画面にほとんど映らないかもしれないし。そっちの方の期待はしない方が良さそうなんだけど。でも、面白くなりそうなのは確か。
とりあえず、公式ページの絵の首がもげた自由の女神にでっかい爪あとが残ってるんだから、巨大生物が出るのは間違いないよね。
ううむ。
楽しみだ。


| | Comments (10) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »