« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

2008.01.29

くちばしが無い!!

Baldack

食玩で手に入れたバルダック星人にくちばしのパーツが入ってなかった。
前からバルダック星人のくちばしはどうか?と思っていたからまあ良いんだが、だぼ穴の形がちょっと間抜けだ。

| | Comments (480) | TrackBack (0)

2008.01.25

なんだこれ公開(米で)

前に記事『なんだこれ』で書いたJ・J・エイブラムスの映画クローバーフィールド(カバーフィールドだと思ってた^_^;)向こうで封切りになったね。
公開になったので公式HPで何か新たな情報が出てるかと思ったが、変化無かったな。
日本語版のHPでタイトルが発表されたぐらいで。(それまではNazo.movie.comだったから)
日本の公開は4月だそうな。
向こうの盛り上がり方しだいでは忘れてるかもしれんな^_^;


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.24

なんとなくだけど

最近気になる物。
タスカモデリズモの『紙づくり』。
http://www.tasca-modellismo.com/
モデラーじゃないんだけど(^^)
素敵だ。
何かに使えるんじゃないかとか思う<だからジオラマに使うんだってば^_^;


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.21

エクスマキナ版デュナン・ナッツ

クールガールといえば、忍者装束(じゃないだろ)の草薙素子のお顔が、ちょっと残念だったと評判になったのが記憶に新しいが<そうか?
今度の新作でエクスマキナ版のデュナン・ナッツが出る事になったみたい。
草薙素子の時は、腕に覚えのある人たちが、
ちょっとアイラインの辺りをリペイントすれば印象が全然変わるよ、とか、
もう、頬の辺りから徹底改修する人まで居て、
やー、すごいなーと思いましたよ。
おいらは弄ってないしそんな技術も無い(^^)
いや、でも、あのお顔のままでも、おいら、そんなに気にならなかったよ。
で、今度はデュナンだ。
いやぁ。装備とかかっこいいぞ。
実は素子忍者に、買って来たソフビリュウガを切り刻んで、オリジナルアーマーを作ろうとか思ってたんだけどさ。
度胸が無いからまだリュウガにカッター入れてないんだよね。
んでも、デュナンの装備見たら、コレは待った方が良いと^_^;<根性なし!
そんでもって心を掴まれたのが、装備を外したウェットスーツバージョンのお姿。かっこいい!
しかしお値段が2万円オーバーだ(-_-;)
むむむー。



クールガールのウィジェット貼ろうとしたんだけど、まだ予約も開始されてなかったよ^_^;
詳しい情報はタカラホビー.comで見るといいんじゃない?



と、思ったら、あったよこいつぅ(^^ゞ<慌てん坊さん!
でも、タカラホビーコムも見てみたらいいんじゃない?
ブリアレオスとかも出ないかしら?<とんでもない事になるぞ!体格的に(^^ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.19

つまらないと感じる時

この世に批評家という職業が認められるようになってから、勘違いしたお馬鹿さんが後を絶たない。
つまりどう言う事かというと、自分がつまらないと思ったものを、他人が面白いと感じていると、我慢ならなくなる連中だ。
自分がコレだけつまらないと思った物を、面白いと評価するなんて馬鹿じゃないの?という意味合いの事を、実にまあ、念に入って、得々とまくし立てる連中だ。
お馬鹿さん(^^)
人が面白いと思っている事をわざわざつまらないよ、と言ってやるのが礼儀だと思っておるのだな。
お馬鹿さん(^^)
根本的にこの世の中は、小説や映画や漫画、スポーツや旅行や食事、そういったあらゆる娯楽は言うに及ばず、
日々の生活の雑事や労働、天候や自然の有様、人間関係、哲学、人生に至るまで、
ありとあらゆる感じられる事柄を、興味を持って楽しめる者こそが最強なのだ。
物事を楽しめないというのは、精神的にか社会的にか、弱い状態にある事を示している。
自分が弱っている事をわざわざ示すと言うのは、コレはもう同情を誘っているとしか思えない。立派な成人男子にはあるまじき行為だ。
誰かが楽しんでいる物が楽しめない場合、それは楽しめない方に原因がある。感受性なり、経験なり、知識なり、身体的になり、何かしらが劣っている事を示す。
何かを体験してつまらないと感じた時、どうしてもそれを公言したくてうずうずしたなら、こっそり自分のHPでやりなさいよ。
ましてや自分がつまらないと感じた事を、他人もそう感じるべきだ、なんて押し付けるのは言語道断。社会性の履き違えであるな。
こういうのは修行の足りない発展途上の方とか、周りに遅れを取り始めていると感じる体の弱ってきた方とかに多いのだ。
お母さんとか奥さんに慰めてもらう事をお勧めする。
そもそも体験の感想なんてものは、人それぞれなのだ。皆同じだったら気味が悪いだろ?
人が楽しんでるものは、例えそれが下らなく見えても、ああ、そうなの、くらいの器の大きい所を見せなきゃならんよ。
 
もう一度、繰り返して言おう。
物事がつまらないと思えた時、あなたは弱っている。
恥ずかしく思って自分を見直しなさいな。
お馬鹿さん(^^)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.12

東宝黄金期特撮入門この一本

ひょっとしたらこれから60~70年代の当方特撮を体験するという、うらやましい少年少女がいるかもしれない。
そんな少年少女にお勧めする映画はなんだろう?
楽しくて、黄金期の当方特撮がたっぷり堪能できるような奴。
なんせ好きな人はいろんな作品が好きな訳だし、とりあえず一本といったら最初の『ゴジラ』とか言われても、ゴジラに東宝特撮のすべてが盛り込まれてるわけじゃない。(名作だけど)
なんせ東宝の特撮といったら、ミニチュアも怪獣も合成も、宇宙物も、災害も、戦記ものも、色んな要素があるんだよ。
で、戦記物だけ除けばその他の東宝特撮の要素がすべて詰まった映画があるわけだ。
その映画は、宇宙船も怪獣も出てくるわ、崖は崩れるわ、都市は水没するわ、壮大なミニチュアワークが堪能できるわで、もう。しかも世界に他に類を見ないストーリー!
それが、『妖星ゴラス』だ!
東宝特撮の入門に最適!

ま、そんな事言っても、大概の人はゴジラシリーズとか怪獣物から入るんだけどな(^^)
俺もそうだし。
好きな見たい映画を大体堪能したら、『妖星ゴラス』を見て欲しい。
一部、トンでもだから駄目だ、とか言う頭悪いくせに何か貶さないと気のすまない見栄っ張りの馬鹿がいるが、そんなのは気にしないように。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

天気の神様

今年の冬は雪の量も降り過ぎず少なすぎずでちょうどいいし。
寒さもそれなりに寒いけど寒すぎるわけでもないし。
いい冬です。神様ありがとう!天気の神様!
問題は人間界の方だけどな。
灯油、高いよ(TT)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.04

ガンダムUC3巻

そういえばガンダムUCの三巻を買ってあったんだ。
という事で読んでみる。
で、思ったんだけど。あくまでいつもの悪い癖。先読みしてこうなら面白いのにという希望も含めて。
アレじゃないっすかね?
フル・フロンタルはシャアじゃ無いね。
シャアがネオ・ジオンに帰ってきたなら、何で名乗らない理由がある?
アクシズ落としの罪を問われても、『だからこそ帰ってきたのだ』くらいは言う奴だ。
顔を見せればネオ・ジオンの連中にはシャアでないと解る顔なんだよ。
ネオ・ジオンに居る為に顔を隠さなければならない人物。
見るものにシャアの再来だと思わせるほどのパイロット技能。
そしてシャアと同じく消息を絶った彼。
フル・フロンタルはアムロ・レイに違いない!
そう思って三巻の扉イラストとか見てみると、安彦さん、アムロの口を描いてるんじゃない?マスクの下に。
何でアムロがネオ・ジオンに?
きっとさ、アクシズを持ち上げてる時に、先に果てたシャアの怨念がアムロの精神を焼いたんだと思うな。
自分をシャアだと思い込んでるアムロ。
ほんでもって。
ユニコーンガンダムのNT-D。
アレの動作データにも、RX-78とνガンダムのデータが入ってるんだよ。
だからユニコーンとフル・フロンタルが戦うと、アムロ同士が戦う事になっちゃう訳だ。

いや~。暴走してるかも(^^)
アレね。オードリーがフロンタルの素顔を見て、『あなたは、誰?』とか言うんだぜ。
違うかな~(^^)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »