« 桜が満開 | Main | 偏屈の種 »

2008.04.22

法案を通そうとする人

何でもかんでも、法律で規制すりゃ良いってモンじゃないよな、
なんて月並みな感想しか出てこないんだけど。

経緯を考えてみるとだな。
人生を告げ口や告発に費やして生きてきた人たちが居るんだよ。きっと。
小さい頃は学校の先生とか親に訴えていたんだな。
それが選挙権を持つようになって、団体票を左右することで国会議員の先生に訴えると、議会とかで掛けられたりして、かなりの充実感を感じるようになっちゃったんだな。
もう世間を見回すと、個人の力では変えられないような不愉快な事柄が沢山ある訳だ。
これに対抗するには、政治の力で何とかすると、とばっちりは自分に帰ってこない(とその人は思っている)訳だ。
それに、自分の訴えで政治が動いたり、法案が出来たりすると、そういう人には物凄い快感になる訳だ。
もちろん本人は社会の為とか何とか思ってて、それがまた自分の崇高さっぽいものをくすぐっちゃう訳。
議員の先生の方も聞こえがいい法案とか通した実績があると、色々おいしい訳だよ。

なんかさ、そういう人を主人公にして星新一風のショートショートとか書けそうだよね(^^)

|

« 桜が満開 | Main | 偏屈の種 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 法案を通そうとする人:

« 桜が満開 | Main | 偏屈の種 »