« アクマスターとか重かった訳 | Main | ショーでドラマを一番大事にしてはいけない理由 »

2008.05.05

女王陛下のフラッシュゴードン

その昔^_^;
オイラが高校生の80年代初頭。
スターウォーズが大ヒットを記録して、怒涛のSF映画ブームがやって来だしている頃。
ディノ・ディ・ラウレンティスってちょっと恐竜みたいな名前の大物プロデューサーが、映画を作ったんだよ。
もうそのプロデューサーはお金に糸目はつけない大作主義で有名だったんだけど、出来上がる映画が、なんだか変な物になっちゃう事でも有名だったんだよね。
ジョージ・ルーカスがSWを作る時に、実はフラッシュ・ゴードンっていう昔のSFヒーローの映画化をしようとしていて、権利が取れなかったからSWになったんだ、っていう話を、たぶんラウレンティスも聞いたんだろうね。
だったらわしが映画化してやるワイ!と、作っちゃったのさぁ。
マックス・フォン・シドーなんていう、時代劇の名優を引っ張ってきて、フラッシュの敵役のミン皇帝に配役しちゃったり。でかくてキンキラのセットをいっぱい建てたり。すごい豪華な感じにしたんだけど、なぜかSFXにはそんなにお金はかけなかったみたいなの。いや、かけたのかな?でも出来上がりがやっぱり変になっちゃった^_^;

ま、しかしさ。
こっちはまだ高校生で、映画を見るまではどんなもんだか解らなかったのさ。SW好きだったしさ。
アニメのフラッシュゴードンってのも作られててさ。それが結構良かったのね。ロトスコープで宇宙船を飛ばしてたりしててね。
なので、期待しててサントラも買ったのよ。
ジョン・ウイリアムスみたいなのを期待しながらLPに針を落としたら…。

どっどっどっどっどっどっどっど『フラッシュ!(どーん)アーアー』ベーンベンベンベン♪

目が点になったのさ(^^ゞ
何だコリャ?と。
それがクィーンのフラッシュゴードンだったんだな。

その、思い出のフラッシュゴードンを二十何年ぶりにCD買って来て聞いてんの。
いやぁ。当時は解んなかったけど、今聞くとかっこいいわ(^^ゞ

後ね、それから数年後にスティックスってバンドのミスターロボットっていうLPも買ったなぁ。
ヴァンゲリスのドラゴンってのも買った。
そういうのを買っちゃう性質だったんだな、オイラ(^^)

|

« アクマスターとか重かった訳 | Main | ショーでドラマを一番大事にしてはいけない理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 女王陛下のフラッシュゴードン:

« アクマスターとか重かった訳 | Main | ショーでドラマを一番大事にしてはいけない理由 »