« オブリ・メインクエスト終了 | Main | 幽霊屋敷を買わされた! »

2008.10.04

銀河自動生成その4~表示とか

銀河自動生成には1600の星系が有って、それぞれが活動している。
メインのウインドウに1600の星系を表示するとこんな感じだろうか。
Ginga01 なだログの背景が黒いので、白地に黒点で表示しているが、実際は黒地に白点だろう。脳内補完してみて欲しい(^^ゞ
40*40の星系で1600。
実際の銀河を思うとやはり少ない感じがする。
しかし、この点一つ一つに対して、データを持たせて星系の処理をする訳だから、プログラムの処理的には手ごろだと思うんだが。
各星系の座標が星系(緯度・経度)であらわす事が出来る訳だ。
表示倍率を拡大すると、北西、北東、南西、南東の四つのブロックのどれかが表示される。
星区表示という訳だ。
Ginga02 20*20で400の星系表示。
それぞれの星系の状態を色で表すようにしたら良いんじゃないかと思う。
文明成熟度は明るさで。文明の起こった時に色が割り当てられると。
文明の起こっていない星系は暗い色で、文明が成熟していくに従って明度が高くなっていく訳。
悪性文明の星は赤系とか。
背景がマスで区切られている訳だから、星区表示の時にはそちらも利用できそうだ。
文明の活動の種類を背景のマスで表す。
隣接している星系同士に接触や交易などが起きている場合は緑系で。戦争の起こっている星系は黄色系で。歴史カリスマの居る星は青系、戦争英雄の居る星は紫系で現すとか。
星区表示になるとそれぞれの状態がわかりやすくなる訳だね。
詳しい情報はイベント表示ウインドウとか、ステータスウインドウに現れるはずなので、気にしなくてもいいだろう。
そうすると、暗い灰色の銀河に、文明の起こった明るい星系が表示され、文明同士が接触している部分に色が乗る感じになるんじゃないか。
結構カラフルになって楽しいかもしれない。
観察対象の星系(ステータスウインドウに表示されている星系)は点滅しているといいかも。
更に拡大率を上げられるようにするといいかもしれない。
Ginga03 星系を表す点一個が、4*4光年のマスで分割される表示。
←画像では、点一つが1光年になる訳。星系一つが4*4光年だから、この表示では20*20光年の宇宙が表示されてる訳だ。
とすると、星区表示では80*80光年、銀河表示では160*160光年か。
銀河にしてはものすごく小さいな^_^;
銀河系の直径が10万光年ぐらいと考えられてるからな。大マゼラン雲が1万5千光年らしいし。大マゼランの1/100。
星団サイズ?タイトルを考え直さないといかんかなぁ(^^)
このくらいのサイズの表示になれば、状態を表す時にアルファベットや記号も使えるかも。
大昔のSTARTREKゲームみたいな感じでね。
理想としては宇宙船の表示が出来るといい。
艦隊や、交易船団、探検船や移民船団、宇宙海賊とかデススターみたいな巨大建造物とか。宇宙船がちょこまか動いてる所を想像するとわくわくする。
処理内容とデータの増大を考えるとげんなりするけど^_^;

|

« オブリ・メインクエスト終了 | Main | 幽霊屋敷を買わされた! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銀河自動生成その4~表示とか:

« オブリ・メインクエスト終了 | Main | 幽霊屋敷を買わされた! »