« 10月07日のココロ日記(BlogPet) | Main | ナイトちゃん »

2008.10.07

銀河自動生成その5~知類とか

知類って云うのはPS2『絢爛舞踏祭』に出てくる単語で、あの世界では猫もイルカも機械も知能を有しているので知的生命体では意味が狭くなってしまった為に生み出された言葉であるな。今の所あの世界でしか使われて無い単語なので、マルシーをつけなきゃいかんのではないかと思ったりするんだけど、あまりに便利なのでつい使ってしまった(^^ゞ

銀河自動生成で文明の母体となる存在が知類だ。
星系から最初に生まれるのは生命だが、生命文明から機械知性体が生まれる事もあるだろう。あ、機械知性体、悪性文明の場合しか想定してなかったな。
今の人類の生理的な考え方だと、機械の知性の文明が成熟した文明を育み、高次の存在に昇華するなんて、考えにくいかもしれない。機械が知性を持ったら人類に対して反乱を起こすんじゃないか、というフランケンシュタイン症候群(オイディプス恐怖症)は根深い。機械の文明といって連想するのは、999の機械化惑星だったり、ギャラクティカのサイロン帝国だったり、ロクなもんじゃないからだ。
だがしかし、悪人だって改心する事はあるし、可能性の世界では何が起こるかわからない。機械知性体の構成ユニットが皆鉄腕アトムのお友達の場合だってありうるわけだ。
そう考えると、ゲームエンドの条件になっている悪性文明だって、他の文明を滅ぼす事を止めて、文明成熟を始める事だって考えられる訳だ。
それ以前に、災害ではなく、母文明から誕生する友好的な人工知性体の文明だってありうるかもしれない。
悪性文明をゲームエンドに設定している訳だが、これに伴って何か訂正を加えるべきだ。
(そもそもゲームじゃないんだから…っていったらなんだな)
修正を加える部分はまず災害発生部分。悪性文明はこの部分で誕生する。したがって友好的な人工知類文明もこの時点で誕生するべきだろう。
この時、誕生した人工知類は母文明と融合するのか、どこか無人の星系を求めて旅立っていくのか決めないといけないだろう。
母文明と融合した新文明は、はたして他の星系に広がっていく事が出来るのだろうか?
旅立つ人工知性にはどんなドラマが待っているのか?
その辺でどう膨らませるか、SF的に面白い部分なんだけどね(^^)
もう一つ。
悪性文明が友好的なものに生まれ変わる場合。何が悪性文明を衣替えさせるのか。
その悪性文明が順調に勢力を広げている場合、転向する事は無いだろう。勢力拡張に躓いた時に、転向する可能性がある。パラメータを設定するのが非常に難しい。どの時点で考え直すのか。判断しようが無いように思える。
だがしかし、SF的になら、無くは無い。
例えば、悪性文明の捕虜になったキャラクター(ナウシカみたいなの)が、説得するパターンだ。非常に可能性は薄いが、SF小説なんかではありそうなネタだ。
いっその事、普通の文明に成熟パラメータがあるように、悪性文明にも衣替えパラメータを設定すればいいのかもしれない。どんな条件でそのパラメータが上昇するのかが判らないけれど。

|

« 10月07日のココロ日記(BlogPet) | Main | ナイトちゃん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銀河自動生成その5~知類とか:

« 10月07日のココロ日記(BlogPet) | Main | ナイトちゃん »