« レビューって大事だよな | Main | 銀河自動生成(略して銀動)その11 »

2008.11.15

ウルトラマンの身体のライン

ウルトラマンといえば、銀の身体に赤いラインが入っている訳だが、あの赤い模様のイメージ元は火星の運河だ、と物の本には書いてある。
新しいヒーローのイメージで宇宙的なもの、という事であのデザインになったという。
レッドマンの頃のデザインを見れば確かにそれっぽい。
ちなみに火星の運河というのは、火星の観測をしていたローウェルという人が、火星の表面を縦横に走る筋をスケッチして、アレは火星の運河に違いない、といったのが広まったものだ。
昔の漫画、例えば白黒の鉄腕アトムとか、火星の描写でよく描かれている。
もっとも、後に良く見える望遠鏡で火星を見てもそんなものは見えない訳だ。
ローウェルの望遠鏡のレンズに黴が生えてたんじゃないか、と言われる事になる。
で。
ウルトラマンの身体の赤い線は、何のためについてるんだろう。個体を見分けるものか?単なる飾りか?そういえば昔、女の子に『ウルトラマンってなんで裸なの?』と言われた事があるな。裸じゃないと思うぞ。それとも裸なんだろうか?あの線は生物的なものか?
公式ではウルトラマンの故郷、光の国の人工太陽ディファレーターのエネルギーで、元は地球人と大差ない身体の光の国の人たちが、あの姿になった、という事になっている。
あるデザイナーの考えでは、ウルトラマンの体内には発光するエネルギーが溢れていて、身体の組織の一部から光が透けて見えているのが、あの模様だ、と言っている。
当時は予算的にも技術的にも、そんな表現は出来なかったらしいが、今ならCGで可能だね。その設定の名残で、ウルトラマンパワードは身体を切られると、体内から光が漏れる描写がある。
その手で行けば、ウルトラマンの模様はもっと筋肉の流れに沿った細かいものになりそうだ。暗闇では赤いラインだけ光っていそうだし、スペシウム光線の発射前には、ゴジラの背びれみたいに、ラインが発光しそうだ。
それも面白いかも。
平成ウルトラマンはタイプチェンジするが、ウルトラマンのラインが体内から透ける光なら、組織の活動が活発になった時や、弱ってきた時、力をぐっと込めた時なんかに、模様や色が変化するかもしれない。流動的な感じで。
それも面白いかも。
はるか昔、どこかの星で謎の怪獣に再生できない傷を負わされて、ラインが一部乱れている、陰のあるウルトラマンとかも出来そうだ。きっとセブンタイプだが。
その謎の怪獣は、今も宇宙のどこかで力を増していて、やがてウルトラ族を脅かす存在になるのだが、その傷ウルトラマン以外に、生きてその存在を知る物が居ない為に、誰にも信じられていないのだ。キングでさえ知らない。
で、傷ウルトラマンは宇宙警備隊を辞め、M78系統とは違う技術の、異星の武器を携えて、一人宇宙を旅していたりなんかするのだ。謎の怪獣を追って。
傷ウルトラマンは、その傷と異星の武器を隠すためにマントとか着てそうだ。
武器はショットガン的な奴で、弾を撃ちつくすとチャージに時間が掛かったりするのだ。
ついでに瀕死の時に、献身的に看病してくれた女ウルトラマンが、ついてくるなと言っているのに、そっと見守っていたりして^_^;
そういうのもかっこ良くない?

|

« レビューって大事だよな | Main | 銀河自動生成(略して銀動)その11 »

Comments

なだあくろうさん、こんばんは。
今回の記事を楽しく拝読させていただきました。

幼少の頃に「なんだかとてもすごい」と感じていた、
ウルトラマンの銀の身体に赤い模様というのは、
今現在見ても、とても優れたデザインだと感じています。
何のためについてるんだろう、という考察も面白いですね。

昔に「光の国の住人だから身体の中は光が詰まっているんだ」、
「その光を集めて手から出すのがスペシウム光線なんだ」、
などと、子供ながら勝手な妄想をしておりました。
今でも似たような妄想をしていたりもしますが…(汗)。
そしてウルトラマンは裸なのではないかと思っています(笑)。

「メカドールガール」のイラスト制作も順調のようですね、
大きな画像で見る事が出来るのを楽しみにしています。
うしろの怪獣が一番気になっているのは内緒です(笑)。

それと「傷ウルトラマン」のお話も楽しませていただきました。
壮大な(?)ストーリー設定を最後まで読ませていただいたあと、
憧れのウルトラマンリューガンを追いかけて地球にやってきた、
ルミネイターセレンを一番に思い出してしまいました(笑)。

風邪をひかないようにお身体にはお気をつけてください。
それでは失礼します。

Posted by: willothewisp33 | 2008.11.17 21:56

>willothewisp33さん
ありがとうございます(^^ゞ
円谷プロが大々的に『ウルトラ一族公式設定資料集』みたいなのを出さないのは、子供たちが色々自分なりに考える事が出来るから、間違ってないっすよね。
時々子供の質問にウルトラマンが答えるくらいの感じで、ちょうど良い気がします。
あっしは光の国もエメラルド星も、地底大陸アバンも鏡の国も、なんか関係があるんじゃないか、とか妄想したりしてるっすよ。それぞれの代表で五人集まって戦隊を作っちゃうの^_^;<一人足りないぞ!<グリッドマンが参加する(^^)
トライジンと戦ってる怪獣は、以前なだログにも載せた事があるんっすよ。名前はゲボラです。
完成したらナダランドの表紙にするつもりなのでよろしくお願いしますm(__)m
ちなみに傷ウルトラマンの時に、頭の中をドモン・カッシュとレイン・ミカムラがぐるぐるしていた事は内緒です^_^;<そのまんまだ!

Posted by: なだあくろう | 2008.11.17 22:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウルトラマンの身体のライン:

« レビューって大事だよな | Main | 銀河自動生成(略して銀動)その11 »