« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

2009.02.26

大怪獣ヨンガリ

wikiによると1967年韓国製作らしい。
2000年のヤンガリーのオリジナルって事になるらしい。
おいらのようつべに上げた動画(ベムシャーク)の関連動画を辿って見つけたよ。

うむむ。ちょっとかっこいいじゃん^_^;
角から出る光線がギャオスみたいだと思ったら、特撮はなんか大映のスタッフらしい^_^;
そういや東宝のスタッフも時代劇のヤンガリ作ってるよな。(☆追記:間違った。東宝で作ったのはプルガサリだ)
アレかね、韓国の特撮ファンは大映のと東宝のと2000年ので、三大ヨンガリ大決戦とか妄想したりしてるんっすかね(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.25

マグロフィーバー☆

色々申し訳ないような気もするがこっちの方が好きだなぁ(^^)


こっちより^_^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.02.23

なだあくろう 漫画

オイラの、もう20年以上前になる、現在ではぜんぜん実用にならない(まあ、当時だってそうだけどな)、古本屋さんでも処分に困ってるようなエロ漫画の事なんかどうでもいいんだが(^^)
どうでもいいんだが。
たとえ2ちゃんねるで「雑誌に載ってたロボット物が載ってないので破って捨てた」とか言われようとも、(そういえばいさ子ちゃんのシリーズと、ガイギリウスは単行本に入ってないんだよ)まあ「そうだろうな」としか言いようが無い訳だ。大体、そのスレッドでも他に知ってる奴は居なかっただろうが。
まあ、そんな漫画なんだが、原稿は全部一水社(と、ちょっと松文館)に置いて来ちゃったし、もう、エロを書くつもりは無いから、本人だと証明しようと思っても手段も無いな、そういえば。…とそんな状況なんでアレなんだが。
まあ、それでも当時の編集の方々には大変良くして頂いたし、あの頃のホットミルクの書評欄で新刊が出た時に良く書いていただいて有難かったりするし、何より当時の読者の方々には感謝している。
なので。
もしなだあくろうの漫画を探していると言うような奇特な方が居るとしたら、(重ねて言うが実用にはならないからな。そんなに面白い訳でもないと思うぞ)
「なだあくろう 漫画」でググっても苦労するだけなので、「なだあくろう」のみで検索する事をお勧めする。その方が早い。
夢の島に埋まっているか、細切れになってダンボールに再生されていなければ、「宿酔いべいびぃ」ぐらいは手に入るかもしれない。
不良在庫に困っている古本屋さんが助かるかもしれない。
むしろ無駄に探す羽目になって古本屋さんに迷惑が掛かる怖れもある。
何しろ20年以上前のぜんぜん売れなかった本なのだから。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

2009.02.22

ベムシャーク襲来

アールジャックの動画を作ってたんだが、奴が出てくる前に区切ってしまった(^^ゞ
うむむ^_^;
なんか予想よりサイズが大きくなっちゃったからさぁ^_^;<びびるなよ
なんか中途感が…<いつもだろ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.21

02月21日のココロ日記(BlogPet)

まさか、アクローさんが離れるなんて!今日は眠れません。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

マクロス進宙式と陰謀マニア

2009年2月22日はマクロスの進宙式が行われる日なんだそうだ。
良かったねぇ。現実世界では統合戦争も起きてないからね。
え?そもそもマクロスが落ちてきていない?
いやいや、それは解らないよ。
大きな地震はしょっちゅう起きてるし、アメリカの不況だって予算をどこかで使ってる隠れ蓑かもしれんよ?
国際政治がらみで隠蔽を行ったら民間レベルで何が解るもんか。何しろネタが突拍子も無い上に、そこそこ有名なアニメのストーリーと類似性がある事件なんて、報道されたって誰が信用するもんか。大体なんでマクロスFの製作に予算が下りたんだろう?さあ!調べてみよう!どこかの南の島で一年近く渡航禁止になってる所が無いかどうか!<そういうのを陰謀説マニアと言うのだ^_^;

そういえばさ。2011年からVHFの送信域を民間で使わせないようにしてるのはどういう訳なんだろうな?<だーかーらーよーおぅ!^_^;

巷に陰謀マニアが沢山居れば居るほど、政府は極秘計画を進めやすくなる罠!
つまり情報は自分の足で確かめるのが一番と言う事ですな(^^)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.02.19

怪獣を育ててはいけない

ジラースを育てた二階堂教授の故事にも有る通り、怪獣を育ててはいけない。
どんなに熱烈な怪獣ファンであっても怪獣を育てる権利は残念ながら無いのだ^_^;

怪獣と言うのはまっとう以上の地球人個人でも手に余る。例えどんなに懐いていたとしても、とても大人しいにしても、個人の手で怪獣を育てていれば、必ず悲劇か騒動が待っているのである。
まあ、個人じゃなく、国際的な組織が用意周到ににやっても(小笠原の怪獣ランドの事だが)悪い事を考える奴に悪用されたりして(キラアク星人の事だが)大変な事になってしまうのだ。仕方ない。
二階堂教授の場合、かなり上手くやっていたんだが、そもそも日本に連れて来てはいけなかった。気持ちは解るんだが。怪獣を連れて帰るという好意が彼個人のエゴだったのである。どうしてもジラースの側に居たいなら、彼の方がスコットランドに移り住むべきだったのである。
怪獣を生息地から連れ出してはいけないというのは、もう、キングコングの前のロストワールド(どっちも白黒の方な)の頃から言われているのである。

怪獣ファンと言うのは風当たりが悪い。
それでなくても幼稚だの社会不適合だの現実逃避だのと言われるのである。
怪獣ファンが幼稚なんじゃなくて、たまに居る幼稚な怪獣ファンが物珍しさで目立ってしまうだけなのだが。(比率的にいえば幼稚な人間が混じる比率はどんな趣味でも同じようなものだ。それを認めたくないだけで)
だからこそ、怪獣ファンは誇りと自負を持って、エゴを律しなければならんのだ。
目指すなら二階堂教授じゃなくて、山根博士か岩本博士を目指すべきなのだ。そりゃ大変だよ(^^)

まあ、しかし、アレだ。
時代は21世紀。
今なら人に迷惑を掛けずに怪獣を育てる方法が無い訳ではない。
電子怪獣を自分のパソコンで育てる、と言う方法だ。
んー。
あー。
くれぐれもカーンデジファーに目を付けられないように^_^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.02.18

ボーカロイド色々

まったく「初音ミクみく」さんの内容そのまんまなんだが、本気(と書いてマジと読んだり)に泣いてしまうし、続けて聞くとちょっとほんわかするので紹介する。

亜流・派生キャラもずいぶんと居るんだが、ドラマだねぇ(^^)
いや、そう考えると、声の無い他の奴も頑張れ!とか思うか^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.15

ドロッセルきた!

朝まで生ワンホビTVでドロッセルお嬢様のfigmaとネンドロの発表きた(^^)
どちらもおされユニット付属らしいぞ。
素敵でございますな(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.14

02月14日のココロ日記(BlogPet)

今度、ブログ妖精の世界にアクローさんを連れていってあげますね!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

タコルカでオヤジホイホイ

こんなのに釣られるオレって^_^;

下門正人さんに謝れ!<何故^_^;?

更に一発ネタにも釣られてしまう。

いあいあ^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

趣味の作り物

いつの世もサブカルチャーのネタは尽きない。
テレビでアニメをやっている。特撮はちょっとまた冬の時代に入ってきてる気がするが、見ようと思えばDVDも有るし、ネットに情報がごまんと有る。
出版業界は厳しいといわれて久しいが、漫画雑誌は選ぶのに困るほどあるし、ラノベは毎月数十冊出ているし、海外SFだって十数冊は出ている。サブカル系のCDだって月に何枚も出ている。何より音楽はいまやネットの時代になってきているのかもしれない。伊福部昭だって冬木透だって宙明だって菊池だってお店に行けば手に入る。
そんな時代だ。
物を作りたくなるのも自然の道理という物だ。
心を動かされた作品を得て、こんな物を自分で作ってみたいと思うのは、若者の避けて通れぬ選択肢だ。
それぞれ個人的な向き不向きもあるが、小説を書いてみたい、漫画を描いてみたい、造形したい、音楽だって最近は楽器が弾けなくても何とかなる時代だ。
商売にしようと思わなければゲームだって個人で作れる。頑張れば収入を得る方法も有るけど。
そんな時代だ。
だから君にも創作意欲がある、と仮定する。
厳しい生活の合間に創作に打ち込むガッツがある、と仮定する。
そんな君が、創作意欲を生涯の友とする時に、何を持ってモチベーションを維持するか?
これはもう、四六時中好きな音楽を掛け捲るのに勝るものは無い。
オイラの場合、創作意欲の発揮手段として、パソコンを選択したもんだから、パソコンを立ち上げると好きな音楽が鳴るようになっている。
伊福部も冬木も、SF映画のサントラも、懐かしい特撮物の主題歌も、山口百恵もキャンディーズも、ライオンも猫日記も晴れハレ愉快も持ってけセーラー服も、全てランダムに掛かる。
ヤマトもガンダムもトップを狙え!もエヴァンゲリオンもランダムに掛かる。
ゴジラも昭和ガメラも平成ガメラも、ウルトラマンも仮面ライダーもアイアンキングも、区別無しで突然掛かる。
フラッシュゴードンの後に元気爆発ガンバルガーも掛かる。
これが脳の底の方にある檻をかき回して思いがけない発想をもたらしたりする。
そんな時代だ。うん。
趣味の作り物はパソコン(またはアイポッド)に支えられているんである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.12

なんか発表してるっ!

ファイアボールの公式ページを覗いてみたら、「商品化決定!」とか言ってるよ(^^)
「イベントへ急げ」とかあってリンク先がワンホビ9だった所から、どうやらfigmaで出るのか?出てしまうのかぁっ!?出てしまうと発表されてしまうのかぁっ!<うるさいな^_^;

また予約しないと手に入んないんだろうなぁ(TT)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Ievan Polkka

なんかタコルカが凄い勢いで人工さんを上回る感じになってて(当社比)偉い(^^)
けれど、基本は大事だよな、って事で、ロイツマを見に行ってきた。

久しぶりだ。
再生回数200万越えって何ぞ(^^)
全ての元凶。パワーが有る。<何のだ^_^;

だがしかし。
原罪のボカロブームの魁というならば<微妙に誤字が^_^;
これを忘れてはいけない。

みっくみくにしてあげる^_^;
一年しか経ってないのに懐かしいな。
そして500万越えって何ぞ^_^;
更にすげぇ弾幕。これならブライトさんもぐぅの音も出ないに違いない^_^;
毎日集会をしてるのか、ここの人達は?

クリプトンのCVシリーズがルカで一応終わりになるそうだけど、この勢いならあと3年くらいは戦えるかもしれん。ギレン相当もお喜びに違いない。<関係ない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.10

好物はマグロ

なんかもう、タコルカで検索してくる人が沢山居る。
凄い破壊(感染)力だねぇ^_^;
まあ、可愛いからな。タコルカ。

これも可愛い。

それにしてもアレだ。
エステル(海軍魔女艦隊の宇宙少女?)→ドロッセル(ドロッセル家のお嬢様よ!アンドロイドよ!)→タコルカ
だと、なだログ的にだんだん人間から離れていくなぁ。

ま、いいか^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.08

特撮とニュースペースオペラ

Bcrz08ニュースペースオペラにハマっているんだが、アールジャックにニュースペースオペラを導入するのは大問題だ^_^;
おそらく、科特隊のような連中が怪獣の出現した惑星に向かい、事件を解決するパターンになるだろう。だがキャプテンウルトラの様には行かなくなってしまう。
光速を越えてはいけないのがニュースペースオペラの美学だからだ。
惑星に出掛けて行って帰ってくると、地球の本部ではホシノ君がおじいさんになっていたりするからである。岩本博士はもう死んでたりするのである。
地球の本部から怪獣出現の知らせを受けて地球に急行するというのも無しになってしまう。本部からの知らせが届くのに何十年。地球に帰るのに何十年だからね。
ウン、ヤバいな。地球を守るヒーローにするには太陽系から出られなくなってしまうじゃないか^_^;
怪獣と宇宙人は光速を越えられる、とかにしてしまうと、ニュースペースオペラじゃなくなっちゃうしな。
何か面白い解決方法は無いものか?^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.07

02月07日のココロ日記(BlogPet)

今度いいカレーをつくります!ぜったいつくります!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.02.06

ファンタジー

ルカ巡りをしてるうちに、何故かネバーエンディングストーリーを鑑賞してしまったりする訳だが^_^;
デジタル以前の技術でネバーエンディングストーリーは凄いよな。
ラビリンスももちろん凄いんだが。
別格としてダーククリスタルが御わします訳だが(^^)
デジタルになってからパンズラビリンスとかアーサーとミニモイとかもいいけども。
LORとかナルニアとかも花開いたけども。
デジタル以前のダークリ!そしてそれに続いたネバエンとかラビリンスとか有った訳だ。
もちろん、それ以前にチキチキバンバンとかメリーポピンズとかある訳だが。
そして大本はやはりオズの魔法使いに行き着くわけだが(^^)
オズの魔法使いは大好きだ。
アメリカ人の女の子は何故あんなに胸が大きいんだろう<こら(^^)
いやもう気になって気になって(^^ゞ
そうか。ファンタジーこそ女性キャラクターが大事だよな。
ドロシー然り、メリー先生然り、キアラ然り、幼心の君然り。
だから男社会では軽んじられたりするのかも?
性差別。
(この記事、何が言いたいんだか解らんね(^^ゞ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わりばし

わりばしおんなの感染者が増えてて笑った。
…が。
ツアーが途切れてて15~67人目の辺りに誰が居るかわからない。
まあ、真面目に捜索したわけじゃないんだが。

で。
タコルカにわりばし割らせるのはまだですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.05

これがタコルカだ!

可愛いだろ、これボーカロイドなんだぜ(達也風に)


追記:新幹線が青森まで開通したら、やってくるのは初音カラーの新型車両になってるらしい^_^;青森ハジマタ\(^o^)/

更に追記:マジでタコルカで検索してくれる人が多いので、申し訳ないからこれも貼っておこう^_^;
(ちなみに正式名称はたこルカなので、たこをひらがなにして検索し直すといいぞ。老婆心ながら(^^))

あと感染元(爆心地)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2009.02.04

ドッキリ

ロンハーのドッキリを見ていて思った。
この大宇宙にある小さな地球の、表面に有る小さな島国日本の、幾つもあるテレビ局の一つであるテレ朝の、沢山有る番組の一つであるロンハーの仕掛けるドッキリで、これだけのことが出来るんなら…。
そしたら宇宙のどこかにあるかも知れない、凄く科学の進んだ頭のいい暇な宇宙人なら、一体どれだけの事が出来るだろう?
仕掛けられた本人にはまったく気づく事が出来ないドッキリとか可能なんじゃなかろうか。
人生、丸々ドッキリみたいな事も可能なんじゃなかろうか。
バーチャル空間みたいな感じで、宇宙丸ごと物理法則から全てドッキリ、ってな事もありえるんじゃなかろうか。
俺の人生ドッキリじゃないだろうか?
貴方の人生ドッキリじゃないですか?
思い返してみたら、何か不自然な事無いですか?
仕掛け人が仕掛けたネタ晴らしのヒントを見逃していませんか?
貴方の人生で体験した幸運、本当に貴方の実力が生んだ物ですか?
どうしても納得できない、理不尽な目にあっていませんか?
人に知られたくない秘密が、何故だか誰かに知られてる様な気がしませんか?
ドッキリってのは良く考えるとネタがばれて来たりするもんです。
全ての物体は光速の壁を突破できないって、おかしくないですか?それがなぜか説明されて理解できますか?
ミクロより小さな素粒子の世界、物体の状態を観測する事が出来ないんだって。この辺に有るって予測は出来るけど、確かめるために観測すると結果が定まっちゃうんだって。何言ってるの?
本当はジャンボジェットが何故空を飛んでるのか説明できないんだってよ?どうしてマグロがあんなに早く泳げるのか構造的に矛盾するんだってよ?恐竜があんなに巨体で繁栄したのは、今の生物の常識では考えられないんだってよ?
宇宙って、本当はちょっとアラが有るんじゃないですか?ちょっと納得いかない点が無いですか?
宇宙や人生に納得のいかない所があるってやらせっぽく無い?
いやいやいや。宇宙は知らんけど、俺の人生に理不尽は無いよ!…って言う貴方。
狩野は自分のCDデビュー、毛の先ほども疑ってなかったと思うんだよね。
もしこの宇宙や人生がドッキリだったら、疑問を抱いてないって事は、すっかり騙されてるって事になるんだよ?

なんかさ。
ロンハーのドッキリ見てたら、凄い不安^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.03

ありがとう河崎実!~ギララの逆襲!洞爺湖サミット危機一髪

実は、超ウルトラ8兄弟の廉価版と一緒にギララの逆襲も買ってきていたのである。
なのに、なぜ、すぐに感想を書かなかったのか。
悩んでいたからだ。

おそらく一般の観客には受けが悪いだろう。「物凄く面白かった!」と無条件で褒めちぎる客は居るかどうか。大概の客は理解が及ばないのではなかろうか。
だからといって特撮ファンに受けるかどうか。難しい。凄く難しいと思う。おそらく「超ウルトラ8兄弟が泣けただけになぁ」「低予算なりにさぁ」みたいな感じなんじゃなかろうか。

でも、そう言い切ってしまってはいけない物が何か有ったのだ。
だから悩んだ。
そして、日を置いて見返してみた時に、それが何か解った。
それは河崎監督が意図していた所とは違う所にあった。
だから言わせて貰いたい。ありがとう。川崎実監督。

まず、気づいたのは、そこに、怪獣映画を作るならこういう所を入れないとなぁ、と思っていた点が全て入っていた所である。
北海道の山村で密かに行われる神楽。怪獣を伝える謎の伝承。往年の特撮スターの客演。子役の父親は山で命を落として戸板で運ばれてこなければならない(海で命を落として小船で流れ着く場合は謎の呟きを残さねばならない)。怪獣の名前は子供が付ける。防衛軍は落とし穴作戦(土中ガス室作戦)とか、怪獣の好物を使って誘導作戦とか、行わなくてはならない。人間側の悪役が事態を悪くしなくてはならない。
そして一番嬉しかったのは格闘シーンだ。怪獣に馬乗りになって殴る(フルコンタクト空手みたいなものとは違う)ヒーロー。踏みつけようとする怪獣の足から転がって逃げるヒーロー。アイスラッガーの効果音でちょん切られるギララの首!
そして何よりもぶよぶよ皺が寄るギララの着ぐるみ!
全部東宝特撮と円谷プロによって、精神の根っこの辺りに刻み付けられたアカシックレコードだ。

それだけに。
あーもあろう、こうもあろうと思ってしまう。
でも、みんな、つまんなかったって言うんだろうなぁ、と思ってしまうこの感情。
予算が許す限り頑張っているんだよ!と叫んでやりたいこの感情。
この感情に覚えがある。
メガロマンを見た時に。デンジマンやスカイライダーを見た時に。ウルトラマン80がやって来た時に覚えたあの感情。

頑張って(製作って)くれ!負けないで(製作って)くれ!
切れずに残ったこの細い糸を守ってくれ、と思うこの感情。

忘れていたこの感情を思い出させる効果があるのだった。
監督には不本意かもしれないが。
なんか原点に返って頑張ろう!っという気持ちになるのだった。

だから。
ありがとう河崎実。
ギララガッパ楽しみにしています。

あと出来れば3DCGをそんなに嫌わないで下さい。
(イコちゃん辺りで痛い目見たのかもしれないが^_^;要は求める絵が何かって事でしょう?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.01

ぼうかろいど姉妹^_^;

この間巡音ルカさんが発売された訳だが、また思いもよらない展開になってきているらしい。
思い返せば、初音ミク。何故かねぎとセットになってしまった。誰がボーカロイドとねぎの組み合わせなんて予想できるだろう?いや出来ない^_^;
で、次に鏡音リン・レンが来た訳で、じゃあ今度は沢庵とか何か黄色い植物系食物だろう、と誰もが予想していたら、実際は想像の斜め上を行くロードローラーとセットになってしまった。
ここで乗り物が来ちゃうとか誰も予想できない。ウン出来ない^_^;
そして巡音ルカさんだ。
何か来るとしても付属物だと思うじゃん。何が来るか予想できないけど。そしたら…。
またしても予想の斜め上!
今度は本体がタコになっちゃったよ!蛸。足8本の。
タコルカ可愛いのでこれでたぶん決まりだろう。蛸^_^;
神掛かってるな。ぼうかろいど姉妹^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仮面ライダーGORO

テレ朝も50周年だからって、ちょっと豪華すぎるんじゃないの?仮面ライダーG^_^;
配役が。
哀川翔とか。上路雄介とか釈由美子とか。
SMAPの他のメンバー、「すげぇ」とか連発してましたが、今のライダーはアレくらい毎週やってるよね。CGとかアクションとか。
現場のスタッフはいつも頑張ってるんだよ。世間が注目してないだけでさ。
と、ちょっと誇らしい気持ちになったけど、オイラ、ただの特撮ファンなんだよな。<威張る要素が何処にも無い。

アニメの時もそうなんだけどさ。
どんなに頑張ってても、日本の普通と言われる奴らは見ないからね。だから海の向こうで騒いでから、改めて(当の)日本人が気づくと言う恥ずかしい結果になっちゃうんだよ。
もっと想像力を養えよ、日本人。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »