« ぼうかろいど姉妹^_^; | Main | ドッキリ »

2009.02.03

ありがとう河崎実!~ギララの逆襲!洞爺湖サミット危機一髪

実は、超ウルトラ8兄弟の廉価版と一緒にギララの逆襲も買ってきていたのである。
なのに、なぜ、すぐに感想を書かなかったのか。
悩んでいたからだ。

おそらく一般の観客には受けが悪いだろう。「物凄く面白かった!」と無条件で褒めちぎる客は居るかどうか。大概の客は理解が及ばないのではなかろうか。
だからといって特撮ファンに受けるかどうか。難しい。凄く難しいと思う。おそらく「超ウルトラ8兄弟が泣けただけになぁ」「低予算なりにさぁ」みたいな感じなんじゃなかろうか。

でも、そう言い切ってしまってはいけない物が何か有ったのだ。
だから悩んだ。
そして、日を置いて見返してみた時に、それが何か解った。
それは河崎監督が意図していた所とは違う所にあった。
だから言わせて貰いたい。ありがとう。川崎実監督。

まず、気づいたのは、そこに、怪獣映画を作るならこういう所を入れないとなぁ、と思っていた点が全て入っていた所である。
北海道の山村で密かに行われる神楽。怪獣を伝える謎の伝承。往年の特撮スターの客演。子役の父親は山で命を落として戸板で運ばれてこなければならない(海で命を落として小船で流れ着く場合は謎の呟きを残さねばならない)。怪獣の名前は子供が付ける。防衛軍は落とし穴作戦(土中ガス室作戦)とか、怪獣の好物を使って誘導作戦とか、行わなくてはならない。人間側の悪役が事態を悪くしなくてはならない。
そして一番嬉しかったのは格闘シーンだ。怪獣に馬乗りになって殴る(フルコンタクト空手みたいなものとは違う)ヒーロー。踏みつけようとする怪獣の足から転がって逃げるヒーロー。アイスラッガーの効果音でちょん切られるギララの首!
そして何よりもぶよぶよ皺が寄るギララの着ぐるみ!
全部東宝特撮と円谷プロによって、精神の根っこの辺りに刻み付けられたアカシックレコードだ。

それだけに。
あーもあろう、こうもあろうと思ってしまう。
でも、みんな、つまんなかったって言うんだろうなぁ、と思ってしまうこの感情。
予算が許す限り頑張っているんだよ!と叫んでやりたいこの感情。
この感情に覚えがある。
メガロマンを見た時に。デンジマンやスカイライダーを見た時に。ウルトラマン80がやって来た時に覚えたあの感情。

頑張って(製作って)くれ!負けないで(製作って)くれ!
切れずに残ったこの細い糸を守ってくれ、と思うこの感情。

忘れていたこの感情を思い出させる効果があるのだった。
監督には不本意かもしれないが。
なんか原点に返って頑張ろう!っという気持ちになるのだった。

だから。
ありがとう河崎実。
ギララガッパ楽しみにしています。

あと出来れば3DCGをそんなに嫌わないで下さい。
(イコちゃん辺りで痛い目見たのかもしれないが^_^;要は求める絵が何かって事でしょう?)

|

« ぼうかろいど姉妹^_^; | Main | ドッキリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ありがとう河崎実!~ギララの逆襲!洞爺湖サミット危機一髪:

« ぼうかろいど姉妹^_^; | Main | ドッキリ »