« たこルカの秘密 | Main | そういえば… »

2009.03.07

ボカロの目指す先を勝手に考えてみる

まあ、80年代のアニメ誌の編集長じゃあるまいし、<それを言うなら週間漫画誌の編集長だな
ブームなんて狙って仕掛けたってろくなもんじゃない^_^;
ブームと言うのは自然の偶然が重なって発生するから大きくなるんだし、その時の流れに面白そうだから乗っちゃうのが、正しいブームとの付き合い方だ。ま、それを承知の上で、こんな風にしたらブームになるんじゃね?とか考えるのも、SF的で面白い^_^;

で。

ボカロ熱とリカちゃん人形の共通点だが。
思ったほど無い^_^;
最大のものが一つあるだけ。憧れをシミュレートしていると言う点だ。リカちゃんの憧れは『綺麗な服を沢山着られたら素敵』というもので、ボーカロイドは『女の子に好きなように歌わせたい』というものだ。
そういう程度ならどんな商品でも一つは持ってる訳で、それだけでヒットする訳じゃない。
そういえば、アレから考えたんだけど、レンダロがアレだけ投稿が多いのは、ある種リカちゃん的な所があるな、とか思ったり。ま、今更言われなくてもそんなのは誰でもわかる。

ブームと言うのは人の情動を動かす要素が無くてはいけない。
ボカロの場合、それは歌になる訳だ。もちろんだ。その歌を伝えるのにニコ動やようつべが上手く作用した訳だな。その時にボカロのキャラクター性が相乗効果になっているのは、すぐにはちゅねが誕生した辺りからも判る。更に見るなら元になった初音のキャラクター性が、非常に捕らえやすく特徴的だったことが、良い結果を生んでいるのだろう。

ボカロが本来、歌を作り出すソフトであると言うのが大きな要点になっている。
そこに『アイドルっぽい女の子に好きなように歌わせられる』と言う餌がついている。
更に、わかり易いアイコンが用意されていた、と。
その上、送り手側が、ユーザーが自由に作ったり改造したり出来る場を整えた。
出来すぎの感じさえ受けるぐらい、上手い要素の組み合わせであるな^_^;
も一つ何か大事な要素を見逃している気がするが。思いつかない^_^;

でだ。
柳の下の二匹目を狙うなら、やはり今度はお話だろう。
『アイドルっぽい女の子に好きなようにドラマを演じさせたい』
今の所、ボカロのPVを作るにはそれなりのスキルが必要だ。3Dとかお絵かきとか。その敷居をう~んと下げる事の出来るものが有ればいいんじゃね?
3Dモデルに簡単に演技をつける事が出来て、演技の結果が簡単に動画ファイルとして出力されるようになってればいいんじゃね?
簡単に演技をつけるにはある程度のテンプレートが必要だ。MMDの先にはその辺が待っているのかもしれない。

例えば、3Dのモデルに好きなキャラっぽい格好をさせるというのは、もうある訳だ。
『ラクガキ王国』なんか敷居の高さがもう一歩な感じだな。演技の事を考えなければエロゲ界のカスタマイズの多様さはもうあるレベルに達している訳だ。
あとはそこに、モデルデータのインポートの自由度(と、簡便さ)を加えて、動画の出力機能が備われば。
なんか出来そうな気がするんだが^_^;

ここで大事なのは、送り手側が、ユーザーに制限をなるだけ掛けない事だ。
たとえば衣装とかセットとか、課金したくなる気持ちは判る。だが、ブームの為にはユーザーが簡単に作ったり交換したり出来る方がいいに決まっている。
ボカロとの連動を図った方がいいのはもちろんだな。動画のタイミングで発声できる機能とか^_^;
エロ目的で求めるユーザーが出てくるのは仕方ない。そこもあえて自由にしとかなくてはならんだろう。黙認と言う形で。
出来上がった動画の権利は送り手側は手放さなくてはいかんだろう。

う~ん。
今の技術で出来そうな気もしたんだが、こりゃ結構大変なハードルが立ちはだかっていそうだな。

|

« たこルカの秘密 | Main | そういえば… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ボカロの目指す先を勝手に考えてみる:

« たこルカの秘密 | Main | そういえば… »