« ココロの思い出といえば… | Main | ボカロの目指す先を勝手に考えてみる »

2009.03.06

たこルカの秘密

最近たこルカネタばっかりだな(^^ゞ
ココロがやきもち焼くな^_^;
MMD(みくみくだんすと読むっぽい)で使うっぽいたこルカモデルのMK-Ⅱが出来たらしい。モデル製作者の人の言葉によれば、『可愛い』の為なら何物も辞さない覚悟らしい(^^)
可愛く仕上がっている。

驚愕の事実はラストで!(知らなかった^_^;)

しかしなんだね。
開発元は、単に自社の歌うソフトにキャラクターの絵を設定しただけだというのに、ユーザーから次々とネタが出てきて受け続けると言うのは、これは凄い事だよ。今まで例に無いからね。
今までは何かのブームが起きたとして、ブームを盛り上げるのはもちろんファンなのだが、ネタの提供はあくまで製作元が主体になってた訳ですよ。
ガンダムだってそうだろ?ミュージシャンだって、新曲を発表してネタが新しくなる訳だから。

しかし、ボーカロイドの方は、(まあ、確かに新しいボーカロイドが登場すると言う大ネタは有るけど)連日に近いペースでユーザーの方から新しいネタが出てくる訳だよ。
同じ事をどこかでやろうとしても、「ファンの方盛り上げてください」つってボーカロイドのようにはならないわけだ。奇跡的でしょ。
これに近い事はリナックスベースのソフトウェアで起きているけれども、こっちはあくまで合理性に載ってる(使いやすいソフトにしよう、とかそういう)訳で、誰かに受ける為のこういう大きなムーブは例が無いと思う。娯楽のジャンルでは初めてだろう。

果たしてこういう活動はボカロ限定の特殊な例になるのか?
それとも他のジャンル(例えばゲームとか:アニメ・コミックのファン活動に近いのは当然なんだが、アニメ・コミックもやはりネタ提供は製作側主体だからな)でも再現できるものなのか?

未来を見ようとするクリエイターには、大いに興味をそそる現象でしょ?
成功例があると言う事は誰かが続こうとするのが摂理だから、きっと何か始めてる奴が居ると思われるよ。

あ!2ちゃんとかニコ動とかもそうか!(ボカロとニコ動の連携は重要だけど)
じゃ、他のジャンルでも再現性があるって事だな。すげえ。

ちょっと考える。
figmaとか武装神姫とかミクロマンとか、ああいう物でお話っぽいものを作ってたりするのがあるじゃない。そういうのがボカロ熱的な展開を見せるなんて可能性は?ユーザーの才能の問題?会社側の(クリプトン的な)働きかけの問題?

例えば、2次創作フリーなキャラクターのオリジナルフィギュアを玩具会社が出すとかさ。(ミクロマンとかどうなんだろ?初音figmaは、圧倒的に手に入らないと言う制約があってだな)
あ!リカちゃん!?歴史の長さとユーザー数を見れば成功してると言えるのか?
ユーザー層が幼いという条件がボカロ熱的な現象発生の妨げになってるんだな、きっと。
リカちゃんとボカロの共通点とか洗えば面白いものが見えそうだな^_^;

|

« ココロの思い出といえば… | Main | ボカロの目指す先を勝手に考えてみる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たこルカの秘密:

« ココロの思い出といえば… | Main | ボカロの目指す先を勝手に考えてみる »