« 大野雄二のCOSMOS | Main | 誰かたこルカ帽を… »

2009.05.11

面白い物を自分で見つける

ヤマトにしろガンダムにしろ、最初は世間では見向きもされなかった。
宮崎駿のナウシカ以前の作品は、総じて視聴率が低かった。
最初のゴジラはヒットしたが、世間ではゲテモノと言うレッテルを貼られていた。
ウルトラマンは子供の見るものだった。
仮面ライダーはてれびまんがのヘンシン物だった。
世間の評価は後から付いてくる。商売になると判ってから。
だが、世間で評判が出る前から好きだと言っていた奴らがいたのだ。
商売になってから好きになったんじゃ遅いと思う。
そりゃ商売になれば露出は増えるし知名度も上がるだろう。それから好きになって本当のファンになる奴もいるだろう。
だが商売になる前から好きになる奴と言うのは、何かの運が働いていると思うのだよ。面白い物を見つけたいと言う欲求が強い奴だと思うんだよ。
そういう奴の方が偉いだろ。
商売で知名度が上がってから、流行ってるからいいとかいう奴、誰かがいいといってるから好きな奴、名前が上がらなくなったら離れていく奴、そういう奴らはその作品やキャラクターが好きなんじゃない。世間的なパワーバランスでそういう態度を取ってるだけなんだ。さもしいだろう?
世の中には商売に繋がらなくて、結局知名度が上がらない、だがそれでも面白いものが沢山ある。さもしい根性の奴には評価されない本物がある。
世間の評価が得られなくて、特定の資質を持った個人にしか伝わらない性質のものがある。
本当に面白い、と言うのはそういうものだ。君にだけ面白さが判ればいいのだ。
世間で騒ぐ必要は無い。商売に繋がる必要さえない。
周りのさもしい奴に馬鹿にされても気にするな。例えそいつが君より仕事で偉かろうが、君より友達が多かろうが、さもしい事に変わりない。
君が探してめぐり合った、君の面白いものは、ひょっとしたら君にしか伝わらないものかもしれないのだ。君が大事にしないでどうするんだ?
めったに無い出会いの運命だったのだ。
作品にしてみれば、人気がなくなったら離れていく奴が沢山集まるより、いつまでも好きな奴が一人居たほうが幸せだろう。
だから探せ。
自分にとって面白い物を自分の理屈で探すのだ。

|

« 大野雄二のCOSMOS | Main | 誰かたこルカ帽を… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 面白い物を自分で見つける:

« 大野雄二のCOSMOS | Main | 誰かたこルカ帽を… »