« パチロボできた! | Main | 量産型 »

2009.06.15

ロボの隙間

流行の隙間が好きなオイラとしては、そのまんまロボの流れで作ったりするのは避けたい方向なのだ。
一番有りがちなのはガンダムであろう。勇者ロボもありがちだ。
モーターヘッドやヴァンツァー、アーマードコアとかUCハードグラフの方向も避けたい。
かといってジャイアントロボやメカゴジラの方向もナダランド的に驚きが無いかもしれん。
ボトムズとかウォーカーマシンの方向も競争率は高い。
映画トランスフォーマーの路線は日本では受けない。
そこで80年代ゲームロボの方向になる訳だ。テグザーとか。確かにあの頃遊んだのに名前が出てこない横スクロールロボットシューティングが結構あるはずだ。
大体、あの頃流行ったアニメのロボットに何処と無く似ている。イントレと実際のゲーム画面とでギャップが大きい。って言うか、あの頃のゲームの自機って128*128ドットくらいだろ^_^;そんなに細かく描けるわけが無い。半分ぐらいは想像力で成り立っているのだ。後はコミック化されてればそのイメージ。
まあ、しかし、ロボシューティングゲームもまったく無くなった訳でもなく(それこそアーマードコアとかZ.O.Eがその系統になるわけだが)シューティングからシミュレーションや3Dアクションにジャンルが変わって脈々と受け継いでるわけだし。なので、3DCGでのネタとしてあまり無い(なぜならゲームで作っちまうから)だけで、愛好する人口的にあまり隙間とはいえないかも。
だからその先はさじ加減になるわけで。
どんなさじ加減だよ(^^)
とりあえずアレだ。他の人間があんまりやらない方向性だ。それでロボ。
割とね。あるんだよ。流行に乗らなければ。大きな隙間が。
その辺を狙っていこうと。なのでまたしても世間的な注目度は低い方向で^_^;でも楽しいからいいのだ(^^)

|

« パチロボできた! | Main | 量産型 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロボの隙間:

» シューティングから始まった [ガンシューティングゲーム]
ガンのシューティングゲームは実に多彩だが、ゲームの歴史はシューティングから始まった、と言って差し支えない。かの有名なスペースインベーダー。ガンを使ったシューティングのゲームの最高峰を極めた傑作だったらしい。これ以降、ガンシューティングゲームを中心とするゲームの黄金時代へと突入する。スペースインベーダーが全盛のころはパソコンさえない時代。アーケードゲームを中心にせざるを得なかった。今ほど�... [Read More]

Tracked on 2009.06.15 17:23

« パチロボできた! | Main | 量産型 »