« December 2010 | Main | February 2011 »

January 2011

2011.01.27

しゃっくりを止める方法(俺流)

食後に煙草を吸ってる時とかしゃっくりが始まっていらいらしたりします。
最近編み出したしゃっくりの止め方。
1・うつぶせに寝る。
2・腕を腰の後ろで組む。
3・息を止めて反る。
4・顔を布団に埋めて空気を飲み込む。
3と4を繰り返してるとしゃっくりが止まります。
4を繰り返していると、げっぷが出るんだけど、それがいいのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.01.17

ひだまり王すげえなww

難関を乗り越えて王になったばかりでなく、野生のらすちゃん画伯でもあるとは!
しかもイケメンだと!
もはや負ける気しかしねえ^_^;

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2011.01.16

EDV-01かっこいいな

災害救援緊急仮設基地EDV-01っての、かっこいいんじゃないか?
コンテナサイズから油圧式で2階建ての基地に260秒で変形するんだぜ!
太陽電池パネルと燃料電池で1ヶ月間補給無しで活動可能だ!
公式のHPはちょっと重たいけど、ようつべにもムービーが上がってたぞ。
でもまだプロトタイプなんだってさ。
かっこいいね。
国際救助隊にも配備しないといかんのじゃないか?(^^)
日本は技術大国で地震大国だから、特色を生かしたマシンだね。
特撮モノならあとは専用キャリーVTOLとかも出来ちゃう所だ^_^;
トミカレスキューシリーズにも登場して欲しい感じだなww

| | Comments (3) | TrackBack (0)

アバターオブマーズが火星のジョン・カーターだった(TT)

バロウズの火星シリーズといえば、古典SFの名作な訳で、その昔ハリーハウゼンが火星のシンドバッドとして映像化を企画したことがあったり、ザスーラの監督が監督するという企画があって、期待してたりしたんだが、まさかこんなショーモナイ感じの作品が作られていたとは^_^;
がっかりしたよ。
低予算で面白く作る方法ってないもんかね?あんまりだ。
これ見て火星シリーズ?ああ、あのつまんない奴か、とか言う印象になったらどうしてくれるんだ!
ああ、もう。
低予算で特撮がしょぼいのは仕方ないとしてもさ、なんかもう少し見せ方があるだろう?
なんかなかったのかな?
どうしたらよかったのかな?
きっと絵コンテなんて切ってないんだろうな。
ひょっとしたら昔の面白い映画とか見たことないのかもしれんな。
監督の頭の中に面白いものが無いのかもしれんな。
映画の見方を知らない製作人だったのかもしれんな。
これじゃ駄目だろとか思わなかったんだろうか?
こんなもんだとあきらめてたんだろうか?
低予算でも面白く作る方法はあるんだよ。
製作してる連中がこんなもんだとあきらめてなければもっと面白く出来るはずなんだよ。
予算が無くて作ってる連中がもうイヤだと思ってて、形だけでもはやくでかしてしまおうと思ってたんだろうなぁ。
火星シリーズなのに(TT)
なんてこった!火星シリーズなのに(TT)
ああ、もう!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2011.01.13

ガチレンジャーww

ニコ動でみつどもえ増量中の1話見たんだが、ガチレンジャー気がくるっとるww
昔の戦隊のアレな部分を無駄に増量した感じになってる。
敵の帝国の戦闘機が爆発する所とか、ちゃんと黒バックの使いまわし爆発になってるし、ロボの合体シーンはミニチュア、戦う時は着ぐるみとちゃんと書き分けてあるし、戦艦にガチレンジャーが乗り込む時には、微妙にパースを狂わせてるし、巨大化した怪人が岩を蹴っ飛ばすのは崖の向こう、蹴っ飛ばした岩は崖のこっち側に飛んでこない、とかもう、ちゃんと(?)なってるよ。
そうだ、思い出した。
デンジマンの初放送の一話を見て、「うん、頑張ってる!」と興奮したオイラが、友達に勧めて一緒に見た回がアレな話で、あんな思いしたよ。中学生だったな。
いやしかし、確かにああいう突っ込み話は1シリーズに2・3本あったかもしれないが、(子供が死んじゃうとか、主人公の気が狂うとか、俗に言うトラウマ回)あそこまですさまじくは無いぞ。
ま、運悪くトラウマ回ばっかり当たったら、ああいうものだと思っちゃうかもしれないがなww
ニコ動だったのでコメントの突込みが入るんだが、それが「戦艦で戦え」とか「基地、バレバレ」とか、なんか初々しかったわww
最近はああいう荒っぽさが無い特撮ばっかりだからなwwいや、ああいう風に戻られちゃっても困るけどなww

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »