« ようつべは携帯持ってない奴を弾く | Main

2011.03.13

地震で得たクオリア

道路の全ての信号機が灯っていない状態で、他の車に注意しながら運転するのは物凄く怖い。
停電中はトンネル内の照明も消える。照明の消えたトンネルは不気味だ。
電気が来ていないので、暗くなったらすぐ眠るのだが、そんなに長い間、特に必要とされていない睡眠をとることは不可能。
広域な災害の後、コンビニは人が集中する場所になる。
習慣的に電気は来ているのが普通なので、停電時間が長いと、つい電気機器を操作しようとする。
停電中の新聞やラジオの重要さは高い。だがラジオやテレビの反復性にはうんざりする。
同じようなニュースしか流れない放送でたまに音楽が掛かると、すごい名曲に聞こえる。
FFファンヒーターより、反射式灯油暖熱器、(特に)薪ストーブなどの方が、実際は役に立つ。
自家発電の有用性は疑問。
DSのライトは暗闇では結構明るい。
もちろん、普段は真っ暗闇。移動する時躓きそうだなと思ったら短時間ライトをつける。もちろんゲームとかしない。
停電で止まるのは電気だけではない。
旧式の水道設備には利点がある。
木造建築は津波によって倒壊しても、物凄いほこりが舞う。
無駄とわかっているのに電話を掛けてみたりする。
何もできることが無い状態での5時間の心理的長さ。

|

« ようつべは携帯持ってない奴を弾く | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地震で得たクオリア:

« ようつべは携帯持ってない奴を弾く | Main