怪獣・特撮

2010.09.06

醜い怪獣の子

醜いアヒルの子って話があるが、結局あれは、最後白鳥の子供であった事が解り、彼をいじめたアヒルの子達を悠々と眼下に見下して、飛び立つという話だ。
昔なら、あの話は、外見で人を判断したりいじめたりしてはいけませんという風に捉えられていたはずだが、最近の傾向だと違うかもしれない。
すなわち、美しければいいんだ、みたいな。最後、白鳥になって飛び立てばいじめてきた奴らを見返してやれるんだ、みたいな。
どうですか、そこのお嬢さん。勘違いしてませんか?
どうなんだろう。最近はあるんだろうか?怪獣をいじめるな!みたいな話。
怪獣の子は大きくなっても大概美しくはならない。怪獣は怪獣のままだ。
そして人間の基準では判断できにくい怪獣の素晴らしさがある。
怪獣と友達になれる奴というのは、狭量で頭の固い人間の価値基準から広がった所にある、魂と魂の共鳴に気づく事のできる人たちだ。
それを、あんな醜いものと仲良くなるのは歪んだ心を持っているからに違いない、という社会の迫害から守ってやるヒーローっての、最近は居るのかな?
なんたって最近の日本は狂ってるからな。
顔かたちが美しくてちやほやされてる連中が心優しいのは当たり前じゃん。
醜い姿で心優しいってのは特別なんだ。普通は絶え間ない社会の歪んだ圧力によって、すねていじけてしまうものだからな。
それでも、昔なら、諌めてくれたり慰めてくれたりする人たちがいたものなんだが、最近はねぇ。
笑いものにして、美味しいだろ?いいじゃん、とか言う奴らばっかりだからな。
美味しいと思えるかどうかはあくまでいじめられた本人がどう思うかであって、いじめた側が押し付けるものじゃないだろが。
醜いものに価値は無いなんてのは、ナチスと一緒だよ。
そもそも美醜でしか物事を判断できないってのは、人間的にいびつ。
わたくしは美しくなる為にこんなに努力してるのよ。だから称えなさい、とか、阿保でしょ。手前が美しくなるための努力を何で他人が称えなきゃならんというのだ?マスメディアに踊らされすぎ。人間的に幼稚。その努力の幾らかを賢くなるために使ってください。
ああ。何でこんな世の中になっちゃったんだろうなぁ。
みんな性欲なくなっちゃって、日本がどんどん子供が少なくなってるのも、当然だと思うぞ。
早く気づけ。大事な事に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.29

大魔神

大魔神のソフトは持ってなかった。逆襲はテレビから昔撮った奴があったんだけど。
なので今回買って、久しぶりに見たわけだ。DVD。
そしてアレ?と思った。
大魔神の足音ってちゃんと入ってなかったっけ?それどころか、SEまで入ってない特撮シーンがあるぞ。
ああ、こんなだったっけかなぁ。
思い出補正ですっかり美化されてたんだなぁ。
それだけ印象が強烈だったってわけか。
うんうん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.13

THIS ISLAND EARTH

宇宙水爆戦が見たくなったんだけど、DVDになってないのか^_^;
昔テレビでやった時に一応見てるんだけどな。
うーん。なんでDVDにしないんだろう?
米ではDVDが出たみたいだから、単に売れないと思われてんのかね?
それとも何か理由があるんだろうかね?
まあ、DVDになってないSF映画なんていっぱいあるけどさ(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.12

ウルトラとクトルゥフ

そもそもH・P・ラヴクラフトは偉大なもんで、外宇宙や異次元からエイリアンがやってくる映画やテレビなんかは、直接的にも間接的にも、何らかの影響を受けている。
影響を受けないのはA・C・クラークを原作にしたものだけなのだ。<いいすぎ(^^)
そんな訳で日常外の怪獣や宇宙人が出てくるウルトラシリーズは、Qの時点からもうクトゥルフ的なのであるよ。
クトゥルフ的といっても何も、旧神を出さなくてもいいのである。
そのエイリアンの見せ方や、存在の仕方が、クトゥルフ的であればいいのだ。
深夜に密かに降りてくる宇宙船。いつの間にか入り混じっている人間に化けたもの。姿を見せずにその脅威を感じさせる隠れ潜むもの。異世界を訪れた人間の驚き。刻々と自分の体が違うものに変わっていく恐怖。
そういうものを描く時に、ラヴクラフト的でない様に書くのはほとんど不可能になる。
だからわざわざ、旧神の眷属や、インスマウスやダニッチ的な脅威を、直接持ち込まなくてもウルトラシリーズはクトゥルフ的なのである。
だから小中ちあきはやりすぎなの(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.01

グレート…

まさか80が好きだっていうグレートの好きって意味がゆがみねぇだったなんて…^_^;
もう怖くてグレートが見られない^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.09

ゴセイジャーのテンソウダーって

どきどき魔女神判のマーロウ君(だっけか)に似ている。
ウンジャロウジャロゲ<やかましい^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.08

【覚え書き】海外ドラマ風話

前にも似たような話をしたが(BBSだったかもしれない)、海外ドラマの仕掛けで特撮物の話を作るとどうなるか。
日本の典型的な特撮のキャラクターを海外ドラマ風の仕掛けで動かす訳だ。
具体的に言うならロストとか、ツインピークスとか、ナイトウォッチとか。
アメコミヒーロー物とか大作SFXの仕掛けじゃない。
ダニー・ボイルとか、J・J・エイブラムスとか、あの辺がやりそうな感じの。

重要なのはミスリードだ。普通のドラマのように見せかける。
青春物とかファミリー物とか警察物とか、そういうドラマに。
その手の形態を取ってると見せかけて実は特撮物なのだ、って言うのが良い。
普通のドラマのようで奇妙な現象やキャラクターが紛れ込んでいる訳だ。
ミスリードはもう一つ用意する。
世の中には特撮ファンもいる訳だが、彼らも騙されたがっている。
有名な特撮キャラクターを思わせるようなアイコンを散りばめておいて、最後にどんでん返しを持ってくる。
そう。ミスリードはこのどんでん返しの為にある。

さて。
それではミスリードの為の仕掛けを考えよう。
まず、舞台。日本の地方都市。そこに住むそれぞれの問題を抱える人々。
少年から年寄りまで。
だがその街には潜む異常が隠れているのだ。
さて、その異常を考える為には、終着点を決めておかねばならない。
特撮ファンが予想できる終着点で本当の結末とは違うのだが、ここに至る為のヒントが散りばめられて行く。
それはもう、決まっているようなもんだが。
特撮物なので。
もちろん、正義のヒーローがその能力を駆使して悪漢を倒すのが終着点だ。
ここで、その大まかな部分を決めておこう。
人類はあずかり知らないが、銀河連邦は調停者によって正と邪の協定が結ばれている。
正邪双方のエージェントがこの町にやってきて、異常を引き起こしている訳だ。地球人にとっては迷惑な話である。その争いはいつものように銀河の命運を決める戦いなのだ。彼らにとってはいつもの事なのだが。
悪の側のエージェントは、密かに地球で勢力を強化しようとしている。調停者に知られないように周到に。
調停者の怒りに触れると、正義側だろうと悪側であろうと、抵抗の余地も無く消滅させられてしまうのである。だからきわめて慎重。
そして正義の側。調停者によって連邦の構成種族ではない人類の星に入り込むので、その神の如き能力を制限されている。調停者によって。なので悪のエージェントを町ごとスペシウム光線で焼き払ってお終いにする訳にはいかない。
その制限だが、まず。
超能力に使えるエネルギーポイントは7654ポイントのみ(2346ポイントは既に地球に潜入する為の準備で使ってしまっているんだね)。それ以上の能力の使用は許されない。
次に。
本来の姿を地球上で現しておける時間が40分。本来の姿で能力を行使すればそれこそ無敵なのだが、調停者により変身時間が限られている訳だ。
持ち時間を過ぎればエージェントは地球から退去させられてしまう。
そしてエネルギーを使い切ってしまうと、死ぬ訳だ。
本来地球に侵入した時点で、悪のエージェントも同じような制限を受けなければならないのだが、悪側は調停者の目を出し抜く方法を発見したらしい。

さて、これで大体のヒントは揃った。
悪の勢力増大計画。正義側(?)のエネルギーの残量と持ち時間の残り。そして調停者の目を出し抜いたその方法。
ストーリー中にちりばめられたそれらの要素が終着点に繋がっていく訳だ。
そしてそれらのヒントはもちろんどんでん返しの仕掛けにもなっている。

後は具体的にキャラクターとか事件とか決めていくのだが。
その辺はおのおの好みがあるだろうなぁ。
<ってそこで止めちゃうのかよ^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2010.02.07

今度の戦隊

ゴセイジャーだっけ?なんだか激しくダイレンジャーを思い出させるね(^^)
ダイレンジャーは割りとハード寄り(戦隊基準のだけど^_^;)で好きなほうの戦隊なんだが、今度のはどうなんだろうねぇ(^^)

…と思って東映のページを見てみた。
んむむ^_^;
これは…ドラクエIXだ!^_^;
髭男爵かぁ^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.04

怪獣バゴォーン

たった今見た焼きそばバゴォーンのCMだが、怪獣バゴーンが70年代風でいい感じ(^^)もっと長く見たい(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.12

タイタンの戦いリメイク

やっとようつべでタイタンの戦いリメイクのトレーラーを見たよ(^^)
うむむ(^^)かっこいいけど^_^;
クラーケン(海の怪物)がハリーハウンゼン版の面影、無いな^_^;
カリボスとか予言の三老婆とかメデューサとか神話に沿ったところは抑えてあるみたいだが。
ゼウスがリーアム・ニーソンww
ジェダイ騎士やったりバットマンの敵をやったり忙しいな。ダークマンww
そうか!なんか思い出すと思ったら、ギレルモ・デルトロっぽいんだww<監督違うけどな^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧